住まいの見積と図面−広告のウソ!ホント!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●広告のウソ!ホント!
はじめに
あざとい比較広告
構造用面材は強い?
基礎はみんな強固?
HM標準仕様の怪

●失敗しない
   工事契約書のかんどころ

もっとも大事なポイント
契約約款の解説
勘違いしないこと
安全神話の落とし穴(実例)

●身を守る法則−記録に残せ
はじめに
文字に残せ!
写真を残せ!

●不確実な時代の
    「倒産リスク」管理

過去、現在、未来
倒産ってどういう事
工事費の支払い
自己防衛策
コラム

●契約ミニ知識
現場見学会に臨むコツ
施主支給のコツ
契約自由の原則を
       知っておこう

誤解するな。瑕疵保険
瑕疵担保保険
相手を知れ(建条付宅地)
架橋に学べ(注文住宅)
フラット35Sで選別しよう
提携ローン

●式典
地鎮祭・上棟式

建築主さんの感動ドラマ
HMを20社回って決めました。
惚れ惚れする基礎!
バカ仲介屋との闘い!
最高の住み心地です。

 

 
広告のウソ!ホント!−はじめに

 テレビ番組『あるある大辞典』のデータねつ造問題が世間をにぎわせました。
 『あるある大辞典』で放送された食材は、次の日には品切れとなることがたびたびありましたが、結局はデータのねつ造であったり、過大表示したデータであったりと、その信用性は地に落ちましたが、多くの人は、この番組をよりどころに、ついつい、その気になったのではないでしょうか。
 一時、リフォーム番組の『ビフォーアフター』も、本当にそんな値段で出来るのか、といった疑問の声をよく聞くことがありましたが、この番組も今では、概ね妥当なリフォーム価格を提示するようになりました。
 今でも『本当は怖い、家庭の医学』という番組では、極めてオーバーな表現で見る人達を怖がらせようとしています。
 その目的は視聴者のためではなく、視聴率、つまり、自分たちの売上拡大のためには、少々の誇張、歪曲は構わない、ねつ造さえいとわない。という放送業界のダーティな面を見せつけています。
 そして、もっと注意すべきは、自分の意図したことしか載せない、という制作姿勢です。これらはニュースでも同様ですね。


 では、目を転じて、住宅の広告はどうでしょうか?

 上のようなデータねつ造や過大表現は見あたりませんが、当たり前のことをさも特別なように表現している広告が非常に多いのが特徴です。

 そして、決して、決して、自社の製品を悪くいったり、欠点を書いている広告などお目にかかることはありませんね。 

 きれいなバンフ、ホームページ、広告などを見ていると、いつも、いつも、自社の製品は優れているのです。欠点なんて絶対に!絶対に!ないのです。

 

 

 

.


広告のウソ!ホント!  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内