業者選びと契約−身を守る法則−記録に残せ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●交渉術を考える
交渉ベタな現代人
うまくいく
  コミュニケーション術とは

要点を書け!馬鹿を演じよう
言葉の裏を見抜け-1
言葉の裏を見抜け-2
言葉の裏を見抜け-3
危険到来!
   契約急かす営業マン


●広告のウソ!ホント!
はじめに
あざとい比較広告
構造用面材は強い?
基礎はみんな強固?
HM標準仕様の怪

●失敗しない
   工事契約書のかんどころ

もっとも大事なポイント
契約約款の解説
勘違いしないこと
安全神話の落とし穴(実例)

●身を守る法則−記録に残せ
はじめに
文字に残せ!
写真を残せ!

●不確実な時代の
    「倒産リスク」管理

過去、現在、未来
倒産ってどういう事
工事費の支払い
自己防衛策
コラム

●契約ミニ知識
延長かし保険
現場見学会に臨むコツ
施主支給のコツ
契約自由の原則を
       知っておこう

誤解するな。瑕疵保険
瑕疵担保保険
相手を知れ(建条付宅地)
架橋に学べ(注文住宅)
フラット35Sで選別しよう
提携ローン

●式典
地鎮祭・上棟式

建築主さんの感動ドラマ
HMを20社回って決めました。
惚れ惚れする基礎!
バカ仲介屋との闘い!
最高の住み心地です。

 


 

 

 
文字に残せ!(約束違反に有効)

 住宅トラブルの半分は、「言った、聞いていない」や「説明されていたものと違う」という約束違反のトラブルです。いわば小さなトラブルと言っても過言ではありませんが、当事者にとっては深刻な問題です。

■文書に残せ

 このトラブルを防ぐ最大で唯一の方法は、なんでも良いから「文字に残せ!」ということに尽きます。
 こういうトラブルを防ぐために、大手では「打合せ議事録」というものを打合せのたびに作成して、その場で相手にコピーを渡すようにしている場合が多いですが、中小、零細企業ではそこまでしている会社も少ないのが実情です。
 でも、相手が議事録をつくらない場合でも、自分がそういう議事録を作っておくことは、こういうトラブルがは発生したときに自分有利に事を進めるための最大唯一の武器になります。

 その方法とは、

メールを使う 最近はメールでやりとりをするケースが増えてきました。このホームページを見ているほとんどの方はメールアドレスを持っているはです。
 その場では、いろいろな話をしたけれども、何も議事録を作っていないという場合でも、打合せの後で、メールにその日の決定事項、あるいは説明を受けた事項を書いて、相手に送付しておくことは非常に有効に証拠になります。
箇条書きで書く 細かなことや経緯まで書こうと思ったり、体裁を付けてまとめようと思うと大変です。文才の有無は人それぞれです。でも、決まったことして欲しいこと質問したことの返事などを個条書きに書くのなら簡単ですね。
 紙に書こうが、メールにしようが、事細かな経緯などを書く必要はありません。箇条書きで要点だけを書き留めるクセも大事です。
たとえば、
「16mmサイディングを使用。金具止め工法」
「筋交いの追加を2箇所依頼。承諾得る」
「棚板○枚、サービス」
といった程度で良いのです。
見積書や図面に書いてもらう 上のように、わざわざ自ら議事録を作らなくても、大事な決定事項は見積書として作成してもらったり、図面に記載してもらうと言うことも有効なポイントです。
 たとえば、「長期優良住宅」の仕様で建ててもらえると話が決まると、そのことを見積書や図面に記載してもらいましょう。そうすると見積書や図面の細かな記載や仕様をチェックしなくても、この記載だけで契約上有効な証拠になります。
身を守る法則−1 打合せメモをつくる

  打合せ結果を見積書や 図面に
  反映してもらう
身を守る法則−2

ま・と・め

文字で残すと、
言った聞いていないの
トラブルを防ぐことが出来る

  身を守る法則−記録に残せ!  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内