業者選びと契約−契約ミニ知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●交渉術を考える
交渉ベタな現代人
うまくいく
  コミュニケーション術とは

要点を書け!馬鹿を演じよう
言葉の裏を見抜け-1
言葉の裏を見抜け-2
言葉の裏を見抜け-3
危険到来!
   契約急かす営業マン


●広告のウソ!ホント!
はじめに
あざとい比較広告
構造用面材は強い?
基礎はみんな強固?
HM標準仕様の怪

●失敗しない
   工事契約書のかんどころ

もっとも大事なポイント
契約約款の解説
勘違いしないこと
安全神話の落とし穴(実例)

●身を守る法則−記録に残せ
はじめに
文字に残せ!
写真を残せ!

●不確実な時代の
    「倒産リスク」管理

過去、現在、未来
倒産ってどういう事
工事費の支払い
自己防衛策
コラム

●契約ミニ知識
延長かし保険
現場見学会に臨むコツ
施主支給のコツ
契約自由の原則を
       知っておこう

誤解するな。瑕疵保険
瑕疵担保保険
相手を知れ(建条付宅地)
架橋に学べ(注文住宅)
フラット35Sで選別しよう
提携ローン

●式典
地鎮祭・上棟式

建築主さんの感動ドラマ
HMを20社回って決めました。
惚れ惚れする基礎!
バカ仲介屋との闘い!
最高の住み心地です。

 


 

 

 
瑕疵担保保険


 新しい法律により、平成21年10月1日に引き渡される全ての新築住宅に「瑕疵担保保険」が付くことになり、10年保証の実効性が高くなりました。

10年保証の保険版
 今まで品確法という法律で、新築住宅には構造や雨水の侵入する部分の10年保証が義務づけられていました。しかし、この法律では、業者が倒産したり、あるいは業者が瑕疵と認めなかった場合には、泣き寝入りをするか、裁判をせざるを得ませんでした。
 つまり、10年保証とはいうものの、その実効性に疑問があったのですが、姉歯元建築士の強度偽装事件を契機として、10年保証の実効性の不備が浮き彫りにされ、今回の新しく「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(通称−住宅瑕疵担保履行法)」という法律が制定されました。

 そして新築住宅を建てたり、販売する住宅供給業者は『瑕疵担保保険』に加入しなければならなくなりました。

 その結果、何が変わったのか・・

1)住宅会社が倒産していても、瑕疵が認められれば、保険から2000万円まで、補修のための工事費が支払われる。

2)瑕疵かどうかで争っているときも、無料相談を受けられたり、安い費用で弁護士会が設けているこの制度のための斡旋や調停を受けられる。

 つまり、10年保証の実効性が大きく前進したのです。

 

 


■保険の内容とは・・・・
1)保険の対象は、品確法と同じ

 保険の対象は、品確法と同じで、主要な構造部分と雨水が侵入する部分です。マンションを含むすべての新築住宅が対象です。


2)期間は10年。
 保証される保険の期間は、新築住宅の引渡からから10年間です。

3)2000万円まで保険が出る。
 建物完成後、瑕疵と分かるとその瑕疵を直すための工事費が2000万円を上限として支払われます。
 手直しのための工事は、業者が健在である限り、瑕疵を直すのも建物を建てた業者で、保険金も業者の方に支払われます。

 【重要:そのため、業者と仲違いしたり、あの業者のひどい工事はもうして欲しくない・・といった理由で、保険金だけ受け取り、他の業者で直してもらう、といったことは出来ないと考えられます。】

 【重要:ただし、その住宅を建てた会社が倒産していれば、瑕疵の補修費用は、2000万円を上限として建築主に直接支払われます。】

 なお、是正のための工事費が2000万円以上かかっても、それ以上の保険は下りません。(注:一部の保険引き受け会社では、オプションとして上乗せ保険も取り扱っています)

 また、瑕疵の調査費用や仮住まいの費用なども、一定額を限度として2000万円とは別に補填されます。(詳しくは下記保険会社のページをご覧ください)

4)2回の現場検査と保証書。
 工事内容を確認する意味で、基礎工事と上棟時の2回の現場検査が行われ、合格すると完成引き渡し時に保険会社から「保証書」といった形の書類が、住宅会社を経由する形で注文者あるいは購入者に手交されます。

 【重要:ただし、工事途中で加入することは出来ませんから、着工前に事前にどういった保険に加入しているのか確認をしておきましょう。】

5) 相手が瑕疵を認めないとどうなるの
 今までもっとも問題だった建築会社が瑕疵を認めないときは、
・住宅紛争処理支援センターの無料相談を受けられる。
 ((財)住宅リフォーム・紛争支援センターが窓口)
・各都道府県に設けられた弁護士会のあっせん、調停などを安価に費用で受けられる。(数万円程度)
といったことが出来るようになりました。

6)保険金はだけが支払うの
 保険金は、住宅会社が支払います。2000万円前後の建物で、保険金は概ね10万円程度ですから、いままでの民間の10年保証とあまり変わりません。ただ、保険金は業者が支払うと言いつつ、売価に転化されるのはあり得ることですが・・・・



現在の保険取扱会社(平成20年11月1日現在) 保険名称
・(財)住宅保証機構 まもり住まい保険
・(株)住宅あんしん保証 あんしん住宅瑕疵保険
・ハウスプラス住宅保証(株) ハウスプラスすまい保険
・日本住宅保証検査機構 JIO我が家の保険
・(株)ハウスジーメン 住宅かし保険

注:この保険は、注文者が保険会社を選ぶことは出来ません。保険と称していますが、普通の生命保険や火災保険と異なり、業者の瑕疵を保証する特別な保険です。
 そのため、住宅会社自身がそれぞれ任意の保険会社に加入して、事故があった場合はその保険会社から(業者が)保険金を受け取ることになります。
 また、上記のように基本的に今までの10年保証をしてきた会社が、保険引き受け会社に指定されています。

すでに、上記の会社の場合、従来の10年保証制度は無くなり、この瑕疵保険に一本化されています。

 そのため、すでにこういった瑕疵保険を利用している住宅も出始めています。そして、すべての住宅業者の保険加入が義務化されるのが、平成21年10月1日以降に引き渡される住宅です。(契約日は関係なく、引き渡し日が平成21年10月1日に引き渡された住宅が対象です)

 


■保険で下りる費用
 次のようなものは、一定額を保険金から支払われます。
・保険金・・・売り主、建築業者には費用の80%。
       業者が倒産したときは建築主に100%
・調査費用・・修補費用の10%又は10万円のいずれか高い金額で、かつ、実額又は50万円のいずれか小さい方。
・仮住まい、移転費用・・50万円を限度


■それでも業者選びは慎重に

 当サイトのトラブル相談でも多いのが、工事をした会社との軋轢です。簡単に言うと、工事中のトラブルや完成後の不誠実な対応等々で、一旦トラブル解決がうまくいかなくなると『もう、こんないい加減な業者に手直し工事をしてもらいたくない』と感じる方が多くいらっしゃいます。
 しかし、この制度では業者が倒産していない限り、問題カ所の手直しは建てた業者が行う必要があり、瑕疵と認められたときの保険金も火災保険や生命保険のように建築主の方に入るわけではありません。
 そのため、保険金が下りるのだから、と安易に考えていると二度と見たくない業者に手直しをしてもらわなければならない羽目に陥ります。
 保険があるなどと思わず、誠実な業者を選ぶことです。


  契約ミニ知識   
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内