業者選びと契約−契約ミニ知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●交渉術を考える
交渉ベタな現代人
うまくいく
  コミュニケーション術とは

要点を書け!馬鹿を演じよう
言葉の裏を見抜け-1
言葉の裏を見抜け-2
言葉の裏を見抜け-3
危険到来!
   契約急かす営業マン


●広告のウソ!ホント!
はじめに
HM標準仕様の怪
基礎はみんな強固?
構造用面材は強い?
あざとい比較広告
・ベストアンサーの嘘!

●失敗しない
   工事契約書のかんどころ

もっとも大事なポイント
契約約款の解説
勘違いしないこと
安全神話の落とし穴(実例)

●身を守る法則−記録に残せ
はじめに
文字に残せ!
写真を残せ!

●不確実な時代の
    「倒産リスク」管理

過去、現在、未来
倒産ってどういう事
工事費の支払い
自己防衛策
コラム

●契約ミニ知識
延長かし保険
現場見学会に臨むコツ
施主支給のコツ
契約自由の原則を
       知っておこう

誤解するな。瑕疵保険
瑕疵担保保険
相手を知れ(建条付宅地)
架橋に学べ(注文住宅)
フラット35Sで選別しよう
提携ローン

●式典
地鎮祭・上棟式

建築主さんの感動ドラマ
HMを20社回って決めました。
惚れ惚れする基礎!
バカ仲介屋との闘い!
最高の住み心地です。

 


 
 
提携ローン


 分譲住宅や建売住宅を購入する段階で、『提携ローン』というものを紹介される場合があります。
 また、契約前の重要事項説明の時には、銀行融資の斡旋料としていくらかの手数料を支払う必要がある場合があります。

 そもそも、提携ローンとはなんでしょうか。
 提携ローンとは、その売り主が銀行と提携して、住宅ローンを買い手に斡旋する目的で設けられている仕組みそのものですが、これには、売り手と銀行の絶妙な取引関係に基づいたある関係が存在しています。

注:ここで言う売り主とは、分譲住宅、建売住宅、建築条件付きの土地・建物を販売している会社のことです。

 


・提携銀行とは、売り手が融資を受けている銀行  
 提携銀行の多くは、売り主が土地を仕入れて開発し、建物を建て分譲するための資金をその提携銀行となっている銀行から借り入れている場合が多いですね。
 また、銀行にとっては、単に売り主の会社に融資をするだけでなく、売り主が販売する土地・建物の購入者に住宅ローンを斡旋してもらえれば、銀行にとっては、労せずに、新手の住宅ローン客を獲得出来、美味しい話ですね。
 そして、借り手の売り主からすれば、どんどん住宅ローンを斡旋すれば、自社が融資を受けたいときでも、多少の融通が利くことになります。
 売り主は銀行から融資を受けて事業をする(分譲や建売)。売り主は分譲や建売の顧客に住宅ローンを斡旋して銀行も喜ぶ、企業も銀行のお眼鏡にかなうようになる。

 つまり、提携ローンとは、売り主と銀行の双方にとって非常に好都合なシステムなのです。この関係をまず、覚えておきましょう。


・銀行探し   
 かといって、提携銀行の融資金利や条件が、提携銀行だからといって金利が安くなったり、条件が特別に良いわけではありません。
 言い換えれば、どの銀行で住宅ローンを組もうが、買い手にとっては金利の安い、条件の良い銀行を探せばいいことなのですが、給与振込の口座だけを持ち、公共料金の引き落としと、日々の生活費の出し入れ程度にしか銀行を利用していなければ、ついつい、提携銀行を紹介されると、それで良いと思いがちですね。
 でも、自分で金利や条件面で有利な銀行を探し、ご自身が銀行に必要資料を提出して融資の審査や申し込みをすることももちろん可能ですし、融資条件さえ満足していれば、庶民を相手にする住宅ローンは企業融資よりも遙かに安全確実な貸出先なのですから、どの銀行も住宅ローンの窓口は、いつでもどうぞとオープンに開放されています。
 つまり、提携ローンや提携銀行は、売り主とその銀行にとって都合のよいシステムであって、より有利な条件の銀行を探し出せば、必ずしも、提携ローンから融資を受ける必要は無いのです。


・経営悪化の売り主
 ただ、資金繰りや経営の悪化している売り主の販売物件では、提携銀行以外の銀行融資を受けることを拒む会社もあります。サポートサービスのお客様でもこのような事例がありました。
 この場合は、売り主の経営が悪化しているため、銀行が売り主に融資をする条件として、販売する土地・建物のすべての住宅ローンを提携銀行に斡旋することを企業に対する融資条件としているからです。

提携ローンや住宅ローンを斡旋すると言えば聞こえは良いが、要は、企業間取引の「持ちつ持たれつの関係」とお気楽に考えましょう。


  契約ミニ知識
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内