業者選びと契約−身を守る法則−記録に残せ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●交渉術を考える
交渉ベタな現代人
うまくいく
  コミュニケーション術とは

要点を書け!馬鹿を演じよう
言葉の裏を見抜け-1
言葉の裏を見抜け-2
言葉の裏を見抜け-3
危険到来!
   契約急かす営業マン


●広告のウソ!ホント!
はじめに
あざとい比較広告
構造用面材は強い?
基礎はみんな強固?
HM標準仕様の怪

●失敗しない
   工事契約書のかんどころ

もっとも大事なポイント
契約約款の解説
勘違いしないこと
安全神話の落とし穴(実例)

●身を守る法則−記録に残せ
はじめに
文字に残せ!
写真を残せ!

●不確実な時代の
    「倒産リスク」管理

過去、現在、未来
倒産ってどういう事
工事費の支払い
自己防衛策
コラム

●契約ミニ知識
延長かし保険
現場見学会に臨むコツ
施主支給のコツ
契約自由の原則を
       知っておこう

誤解するな。瑕疵保険
瑕疵担保保険
相手を知れ(建条付宅地)
架橋に学べ(注文住宅)
フラット35Sで選別しよう
提携ローン

●式典
地鎮祭・上棟式

建築主さんの感動ドラマ
HMを20社回って決めました。
惚れ惚れする基礎!
バカ仲介屋との闘い!
最高の住み心地です。

 


 

 

 
はじめに

 いろいろな事情により、私たちは業者を決めていきます。

 たとえば、とにかく安いという価格重視、あるいはこの立地が気に入ったという立地重視、少し高いけれども大手だから安心指向、熱心な営業マンに任せようという気になったという人情派などなど、必ずしも業者の質の優劣のみが業者選定第一の条件ではない場合も多いです。
 他の条件が優先するから、多少のルーズさは仕方ないと目をつぶり、あるいはみんながみんな悪い業者ではないだろうし、この業者が悪いことをすることはないだろうという期待を込めて契約に至る場合もあると思います。

 また、建築主には、一つの心理パターンがあります。

 それは、

 人を疑うことは悪いことだ相手にも失礼と言った罪悪感のような気持ちを持っています。それは善意の強い人ほど強くもつ傾向があり、言い換えれば、自分は人に善意を持って接しているのだから、当然相手もそうしてくれるものと思う気持ち。大きな意味では日本人特有の同胞意識です。

 あるいは、最終的に建築会社を決めるまでは、大いに悩み、各社に対して多少の疑心暗鬼もありますが、一旦建築会社が決まれば、その会社に全幅の信頼を置いてしまうという心理です。

 それが、建築会社を決定するまでの膨大な作業量から解放される開放感からなのか、あるいは、親身に相談に乗ってくれる営業マンへの信頼感からくるものなのか、あるいは、その土地、その価格にはまってしまった「呪縛」からか、はたまた、自分が決めた業者が悪いことをするはずが無いという無意識の期待からなのか分かりませんが、建物の完成まで業者に対して疑心暗鬼でいる人はいません。

 しかし・・・・。

■一定の率で必ず発生するトラブル

 「住宅業界を知れ!」で説明しているように、住宅業界は大小零細のいろいろな規模、考え方をもつ業者が入れ混じる玉石混合の業界です。その中には良心的な業者もいれば、自社のことしか考えていない業者。あるいは平気で法律を無視して違法な工事を行っている悪質な業者も存在しています。

 そのため、どんな理由で業者を選ぼうとも、工事トラブルは一定の頻度で必ず発生すると言ってよいでしょうし、それは、欠陥工事であったという悲劇的なものでなくても、「言った。聞いていない」「約束が違う」「説明したとおりに工事をしていない」というどちらかというと信義則に反する小さなトラブルも数限りなく発生しています。

そのようなトラブルから自分の身を守るにはどうしたらよいのか。
泣き寝入りをしないためにはどうしたらよいのか。
自分有利に事(交渉)を進めるためにはどうしたらよいのか。

 このページではそういう部分を解説しています。

■最低限の業者の選別方法
 そのまえに、最低限の業者の選別方法を知っておきましょう。
1)建設業許可を取得していること
 意外に思われるかも知れませんが、床面積150m2以下の木造住宅か、1500万円以下の工事を請け負う場合は、建設業許可を取る必要がありません。つまり、誰でも○○工務店と名乗って仕事が出来るというです。
 それ自体は違法でもなんでもないのですが、著者が関わった欠陥住宅の事例では、重大な欠陥工事を行った業者で、かつ、絶対に自らの非を認めない業者のほとんど全てが、実は、建築業許可を取っていないという実態があります。特にローコストで建物を請け負うというタイプの業者にこのようなタイプが多いですから、注意が必要です。

2)資料による説明が十分であること

 もう一つの傾向は、欠陥工事をしなくても、「言った聞いていない」「事前の説明と違うことをしている」といったいわば信義則にもとるようなことをしている業者にも、小さなトラブルが多く発生する傾向があります。そして、そういう業者の多くは、建築主に提供する資料が非常にわずかだという傾向があります。
 ここで言う資料とは、立派なバンフレットが揃っていると言うことではなく、カタログを見せて十分な説明をしてくれたり、仕様書がキチンと整っていたり、あるいは図面や議事録が作られている事を言い、もっともトラブルが多いのは 、
ほとんど議事録を書かず、口頭説明で済ます。
説明はするが、具体的な資料は見せない。
間取り図だけで契約を求める。

といった人生最大の契約をするのに、わずかな1枚の間取り図だけで説明を済まし、契約しようとする業者が起こすトラブルがあとを絶ちません。

 上に関連することですが、彼らほど(悪質になるほど)弁が立ち、資料など無くてもあたかも言っていることの全てが真実だと錯覚してしまうほどの弁舌技術を持って生まれたものとして備えています。(だからこそ、信用してしまうのですが・・)


ま・と・め

自分の身を守るのは自分
トラブルは、一定頻度で発生する

身を守る法則−記録に残せ!  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内