欠陥住宅の相談

お問い合わせ窓口



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せは下のボタンから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せは下のボタンから

 

 

 

 

 

 

 

 

 


建物完成後にトラブルが発生した。これは欠陥住宅なのだろうか?

欠陥住宅・問題施工かも知れない?
大丈夫かな?と気になれば、この相談室に相談してみましょう。

一級建築士(HORI)が直接ご返事いたします。

最初のご相談は無料です。

お送りいただいた図面や写真から、欠陥事象か、そうでないのかをご返事いたします。

そして、問題施工、欠陥事象であれば、その理由(根拠)を説明したします。

対象範囲 戸建て住宅で発生した建築技術を伴う問題 (マンションはふくみません)
・水漏れ・断熱不良・床の段差や勾配の異常・雨漏り・建て付け不良・地盤沈下・クラック・カビ、結露、騒音・・・・・等々
対象外 ただし、金銭トラブル、追加見積の完成後のトラブル、建築外の法律問題等は対象外です。


先の「欠陥住宅相談書」から、必要事項をご記入の上送信してください。 
折り返し、相談内容から必要な写真、資料等のご連絡をいたします。 




・料金は目安です。

 ご相談及びAパターン(欠陥事象かどうかの判断まで)
メール・電話等によるご相談
その後、判断に必要な資料、図面、写真などをご送付頂き、問題施工かどうかのご返事をします。
ここまでは、無料
注:メール、郵送などで資料をお送りください。

 Bパターン (自力解決)
問題施工だったが、簡単な内容のため、当方の既存資料等を相手に提示して、自力解決される場合
ここまでは、無料

Cパターン  交渉資料の作成
・相手への交渉、提示資料の作成です。
・既存資料だけでは足らず、相手への説明資料などを新規で作成する必要がある場合

内容
金額(消費税込み)
資料作成 既存の資料等をお送りする程度の2〜3時間程度で終わるような場合
〜\22,000程度
平面図等も用い、新規に資料作成が必要で1日程度かかる場合
〜\45.000程度

Dパターン 現地調査と同席交渉
・下記は、料金の目安です

距離
金額例(消費税込み)
大阪近県 交渉事前準備のための費用と
兵庫県明石市基点で、1.5時間圏内程度の距離
+現地調査や交渉同席などで2時間程度
\30,000

交通費
その他の地域 移動時間を含めて、1日(終日)必要な場合
\45,000

交通費
・振込手数料はご負担ください。
・交通費は兵庫県・明石市基点です。


 
★裁判になることが予測される場合は、「欠陥住宅調査・裁判対応」のページをご覧ください。
 

■今までの欠陥工事の代表的な事例

下の事例は、この数年の代表的なものです。
これ以外に、
漏水、結露、カビの発生、断熱不良、耐震不良、基礎クラック、外壁通気の不備、床不陸、不同沈下などが代表的なトラブル事例です。
なお、文中「是正方法を指示」とあるものは、その後是正工事が行われています。


整理NO 内容 場所 解決の程度
1916 梁の収縮による床の傾斜
梁の高さが450mmの背の高い梁を使用したが、未乾燥材だったために3cm程度の収縮してしまった。そのため、それにつれた床が傾斜した。
愛媛 是正方法を提示。完了確認。
2133 床の不陸
原因は梁の収縮により不陸を起こした。壁のしっくいなど可至るところで亀裂や膨らみを発生させた。
静岡 是正方法を提示
2221 断熱不良
コンセントから隙間風。調べると小屋裏換気での断熱材の閉塞不足が見つかる
石川 是正方法をテイし
2233 床鳴り、断熱施工、外壁通気の不備等々 徳島 報告書提出
2280 漏水
ウレタン断熱により漏水発見までに10年かかった。
柱1本。梁3本の交換。
京都 是正工事まで立会
2287 換気設備の不良
コンセントから隙間風が入る。原因は高気密すぎたことと、不完全なのに独特の換気システムを導入が原因。(床下に吸排気のユニットを設置し、第三種換気をしていたが、吹き出し口の設定に無理があったため、コンセントなどの隙間から吹き出しをしていた)
兵庫 是正方法を示唆
2291 不同沈下。
6/1000を超え、地盤保証により復旧を助言

写真はアンダーピニング法による地盤復旧工事で、建物の真下に掘り進める隧道の中の様子です。人がしゃがんでやっと歩ける高さしかありません。
兵庫 沈下復旧工事の立会まで関与
2360 不同沈下。
建物が不同沈下を起こし6/1000を超えていた。地盤補強をしていたが、隣接する擁壁底盤に杭が当たるので、杭をずらして施工し、建物の荷重が偏芯してしまったために生じた。
大阪 売り主が建物を買い取った。
2378 工法不備。
根太レス工法なのに釘が規定のものより細い釘を使用。床剛性の不足が発覚
長野 是正方法を提示。その後不明
2393.2400 結露。
外壁通気の出口・小屋裏換気の閉塞による小屋裏の結露(厳冬だったので、たてつづけに2件発生)
写真は、結露で濡れて変色した野地板合板。緑色は天井断熱材が写っている。

東京 是正工事を行う
 お問い合わせは右のボタンからどうぞ

★裁判になることが予測される場合は、「欠陥住宅調査」のページをご覧ください。