住宅事件簿

・インデックス
業界による
   チェック思想の違い


■心の隙間に入るトラブル
帰趨本能と巣作り本能

いいお客さんに恵まれて
『善意』が生むトラブル

■事件いろいろ
『傾き』事件
「建て替えろ!」は、
危険な言葉

ウソのようなホントの話
モラルなど無い
後付け太陽光発電工事
悪質リフォーム詐欺−1
悪質リフォーム詐欺−2
悪質リフォーム詐欺−3

シーリング劣化と雨漏
未熟化する配管工
誤解 床のたわみ

■間違いだらけの
     耐震リフォーム
正しい施工と事例1.2
事例3と、起こる理由


■断熱、結露のトラブル
間抜けな断熱工事
経験に勝るもの無し
小屋裏換気の実力
冬の過乾燥に要注意

■土地の事件簿
こんな土地まで売るか
ブロック土留めに
        建つ家

急傾斜地に建つ家
よう壁にまたがる家

■意外と多い漏水事故
給湯管から漏水
設備工事の不備
コンクリートの誤解

■欠陥工事の定番
耐震金物の不備
内部耐力壁の不備

■ログハウス
ネバー・ギブアップ!
俺たちは、無責任さ!

■揺れる〜建物
建物が揺れる〜3
3階建てが割れる〜2
3階建てが揺れる〜1
浦島太郎−事件

■基礎編
基礎に雪がかぶった2
本当のべた基礎事件
基礎に雪がかぶった


 

 

 

 業界が違えば、チェックの考え方も違ってきます。
でもそれに気づかずに、
 「どうして住宅業界の人は、チェックをちゃんとしないのですか。!プンプン((`・∧・´)) プンプン! 」
「つけようと思っていたドアが、梁が邪魔をしてドアの高さを低いものに変えなければならなくなった。着工前に十分チェックしていればわかった事ではないですか。( ・∀・)<<《愚痴愚痴愚痴愚痴愚…」
と、建築主と業者の間に不信感が生まれます。


■尺度の違い

 まぁ、実際に私が怒られたわけではありませんが、愚痴を聞きます。
 でも、この手の問題は比較的起こる問題ですし、どうして事前にチェックしないのですか・・という疑問を返して来られる方も,実は「IT系、理工系、技術系の人」が多いのです。
 そして、その方により深く聞いてみると・・・。
 「自分はIT系でも、ソフト制作中心です」とか、「私はプラントの鋳型設計です」といったいわば一品種大量生産の設計に関わっている方なのです。

 ところが、住宅業界とここれらの方の業界では、「チェックに対する思想や力点」が全く違います
 それは、下の図をよくよくご覧いただくと、何かがわかるのではないでしょうか。

 ある会社のある部門の売上が100億円だったとしましょう。
 一番左の住宅業界は、一品種1戸の特異な業界です。100億円売り上げるのに1戸2000万円の家として500品種あります。(間取りや使う材料が全て異なるからです)
 対して、少量・他品種の洋服や陶器は、1つの品種で2億円売り上げるなら、100億円の売上では50品種ある事になります。
 大量生産品は、たった1つの品種で100億円と仮定します。

 製造前のチェックのミスがどう響くのか・・。

        

.


 上の図を見て頂ければおわかりと思いますが、仮にチェックに必要な時間がそれぞれ同じと仮定すると、住宅など1量・多種の仕事では、間取りも使っている仕様も違う500戸の住宅に1時間のチェック時間が取れると仮定します。
 同じ理屈であれば、少量・多品種の洋服などは、一つの品種に10時間のチェック時間が取れますし、ソフト開発では1つのソフトに500時間のチェック時間が割り当てられると言うことになります。
 注:現実にはこんな単純な事ではありませんが!!

       

■たとえばソフトウェアなどは、数百万本も売れた大ヒットソフトに大きなバグがあれば、その修正プログラムの手配や発送のみならず、会社の信用状態に関わってしまいます。鋳型もなにかミスがあれば、そこから作り出された製品は全てダメになってしまいます。

■反対に住宅などは、賃貸住宅以外は、同じ間取りなど全く無く、使われる材料も似てはいるものの様々です。
 そうすると、最初の着工までにチェックに十分すぎる時間をとると反対にその時間は住宅コストに添加せざるを得ず、コストも工期もかかってしまいます。
 反対にチェック漏れで希に発生するミスは、その1戸だけに終わり、その1戸に対してリカバリーを十分にしてあげるという思想であれば、コストも時間とも建築主、請負者双方に対して大きな負担にはなりません。

 このように1品で大量生産か、1品1量という製造方法の違いで、チェックに対する思想が違ってくるんですね。

■だから、大工が間違って穴を開けた・・なんてよく起こるトラブルで、大工の目の前で作業をチェックするなど、そもそもコスト的に不可能ですから、鋳型を製造するのに、つきっきりでずっとチェックしている・・というのとは根本的に違うんですね。

 このあたりの背景を飲み込めると、ものの見方も寛容さも変わってきますよ。
 逆にこのあたりの事情を飲み込めず、自分の業界のチェック方法だけを基準に物事を見てしまうとトラブルが発生することになります。

 つまり、
自分の業界の尺度で物事を判断すると
ダメな場合もあるよ・・
ということですね。


住宅事件簿・エンド
サポートサービスへのご案内