住宅事件簿

・インデックス
業界による
   チェック思想の違い


■心の隙間に入るトラブル
帰趨本能と巣作り本能

いいお客さんに恵まれて
『善意』が生むトラブル

■事件いろいろ
『傾き』事件
「建て替えろ!」は、
危険な言葉

ウソのようなホントの話
モラルなど無い
後付け太陽光発電工事
悪質リフォーム詐欺−1
悪質リフォーム詐欺−2
悪質リフォーム詐欺−3

シーリング劣化と雨漏
未熟化する配管工
誤解 床のたわみ

■間違いだらけの
     耐震リフォーム
正しい施工と事例1.2
事例3と、起こる理由


■断熱、結露のトラブル
間抜けな断熱工事
経験に勝るもの無し
小屋裏換気の実力
冬の過乾燥に要注意

■土地の事件簿
こんな土地まで売るか
ブロック土留めに
        建つ家

急傾斜地に建つ家
よう壁にまたがる家

■意外と多い漏水事故
給湯管から漏水
設備工事の不備
コンクリートの誤解

■欠陥工事の定番
耐震金物の不備
内部耐力壁の不備

■ログハウス
ネバー・ギブアップ!
俺たちは、無責任さ!

■揺れる〜建物
建物が揺れる〜3
3階建てが割れる〜2
3階建てが揺れる〜1
浦島太郎−事件

■基礎編
基礎に雪がかぶった2
本当のべた基礎事件
基礎に雪がかぶった


 

 

 

■悪質リフォーム会社との対決・・協議の結末は。
人の不安心理につけ込み、ずれてもいない屋根瓦に無用なコーキングをして不当な工事代金をせしめとる。
工事を止められると、発注もしていない「砕石やコンクリートの材料代40万円を支払え」と揺さぶりをかけてくる。
そんな悪質なリフォーム会社に対して、『契約を解除したい。材料代など支払えない。そして、今まで支払ったお金(60万円)を返せ。さらに屋根を元通りにするための修理費用100万円を支払え』というのが被害者の言い分です。(都合160万円を支払えという要求)


その交渉をするために、消費生活センターからも、被害者の娘さんからも、リフォーム会社の社長に連絡を取ろうとしましたが、『出張』を理由に声を聞くことができません。


内容証明郵便も送りつけ、なんとか時間と場所を設定し、消費生活センターで打ち合わせがおこなえるようになりました。


打ち合わせの場に来たのは当初から出入りしていたいかがわしい営業マン??一人。声もわからない、顔も知らない社長は決して出てきません。そして、センターの職員2名(女性)が立ち会い、被害にあった老夫婦と娘さん。そして、私。


もちろん話の争点は、正しい工事かどうか。お金を支払って当然の工事だったのか、全く意味の無い工事だったのか。


こちら・・・無用な意味のない工事だ!!
相手・・・・無意味とはいえない!!


という、水掛け論が続いたのですが、それは最初からわかっていたことです。
なぜなら、相手が非を認めれば、とりもなおさず返金の話になりますから、相手は絶対に非を認めることはありませんね。


消費生活センターで、2時間に及んだ交渉は、契約解除の合意だけで、60万円の返金はできませんでした。そして最後にその場で書いた解決合意書に双方がサインして解散です。(正式な契約解除のやりとりはその後で書類で行っています)
結局被害者は、その後の工事は解約し、材料代など相手の言い分は認めませんでしたが、最初に支払った60万円は泣き寝入りです。


なぜ60万円が取り返せなかったのか。
理由は非常に簡単なんですね。。
費用対効果と書けばわかるでしょうか・・・。
そしてそれが彼らの狙い目なんです。 、

■なぜ、泣き寝入り・・・

相手が非を認めなければ被害者がとるべき手段は提訴しか残されていません。
障害などの刑事事件ではありませんから、警察は民事不介入で動いてくれません。消費生活センターも、相手が非を認めない限り取るべき強制力は何も持っていません。建設業許可などの免許を取る必要もなく、無資格で営業できるのですから、行政の許認可権をちらつかせて取り締まることも不可能です。
そうなると後は、調停・少額訴訟・裁判といった法的手段しか残されていません。


しかし、そのためには「瑕疵である立証」をしなければなりませんし、弁護士を立てる必要もあります。本人訴訟も無くはないですが、それだけの時間を普通の人が割くことは不可能でしょうし、初めての経験であれば訴状を書くことさえ難しい。


提訴しても、本人訴訟をしても、訴訟費用と時間が消えていくばかりで、相手が夜逃げ、計画倒産をすればそのこと自体が無駄な浪費となりかねません。(逃げ口を最初から用意しているのが彼らでしょうし・・・)


結局、これからかかる費用や時間と悔しさを天秤にかければ、悔しいがこのまま何もしない方が傷口が広がらない。


いわゆる「泣き寝入り」


悲しいですが、現実はこうです。オレオレ詐欺のたぐいもそうですが、基本的には少額ですね。


では、被害にあった人がバカだったのでしょうか?


4者での打ち合わせが終わった後、その老夫婦から、
私たちがバカだったのでしょうか
という問いかけをいただきました。


「私はそうは思いません。人間がいる限り、紀元前のローマ帝国の時代、ピラミッドのエジプト王朝の時代。お隣中国三国志の時代から、人が人をだましていたのです。それが人間です。すべての人が善人であるとは限りません。人間の社会で古今東西、すべての地域とすべての時代で起こっていることです」と慰めを言いましたが、私自身、本当にそう思っています。

人の心の隙を狙う。そして、悪いことをしているからこそ、決してしっぽを捕まえられないようにする。逃げ道を最初から確保しておく。捕まれば知らぬぞんぜぬを決め込む・・。それが彼らの商売の基本です。


そして、トラブル経験の少ない人。善意で物事を考える人。幸せであった人・・といったタイプの人は、この魔の手にかかりやすいタイプといえるでしょうねぇ。彼らはそういう人だけを狙っているのですから。オオカミは、自分より強い虎など決して狙いません。狙うのは、必ずおとなしい羊です。 手を変え品を変え、人の隙を狙う商売は、決して無くならないと思いますょ〜。人間がいる限りね・・。



   


トラブれ経験の少ない人
善意でものごとを考える人
要は幸せだった人は要注意!

住宅事件簿・エンド
サポートサービスへのご案内