インデックスページ・・

●住まいの雑学
引き戸、雨戸の薦め
日射しの科学
初めての室内犬

●災害に備えて
災害列島・日本
地震に備える
台風に備える
劣化するインフラ
水害・冠水・土砂崩れ
ライフライン途絶に備える
ハザードマップで備える
火災保険・地震保険
水害と火災保険

江戸時代の仮設住宅と備蓄

●地下室のチェックポイント
地下室のいろいろ
地下室の結露対策
地下室の防水グレード
地下室のQ&A

●高齢化のための住まい
高齢化対策の基本
ヒートショックに要注意
プランのヒント
介護の現場から見た住まい

●簡単DIY
本棚を変える。扉をつける
開き戸を折戸に変える
アルミフェンスを立てる
突っ張り棒の注意点

 
 

 犬を飼う人も増えていますね。著者はすでに3匹目です。最初の一匹目はわからないことだらけでしたが、三匹目になると落ち着いたもので、育てるコツも変わります。そんな私からの「初めて室内犬を飼う」人へのアドバイスです。

 床の材料と遊び方
 基本的に掃除のしやすいフローリングで問題ありません。でも子犬の頃は足腰(関節や筋肉)がしっかりしていませんから、カーペットなどの踏ん張れるところで遊んでやらないと、フローリングなどの滑りやすい床では脱臼癖が付いたり、関節を外しやすくなり危険です。カーペットはホームセンターで売っているような安タイルカーペットで十分です。フローリングの上に後から貼りましょう。そのとき、犬が走り回ってもめくれないように、1枚ごとに畳用の鋲で止めておくと安心です。

犬はときどき吐きます
 犬は病気で無くても吐くことがあります。そんなときでも、カーペットよりはフローリングの方が掃除がしやすいですし、カーペットなら1枚1枚水洗いできるタイルカーペットが便利です。

 階段の材料
 階段そのものは普通に作れば良いですが、必ず専用のカーペットを貼っておきましょう。また、上に上がるときの最初の踏み込み点。そして、上から下りてきたときの最後の着地点になる1階の床にも必ずカーペットが必要です。犬は階段を一気に上がります。

 仕切りを設ける
 いくらしつけをしても・・というよりもしつけ教室にでも出さない限り完全なしつけは難しいですね。入って困る場所等は右の写真のような幼児用のガードをつけておくと便利です。

私からの教訓:子犬のシャッターチャンスは、一度きり!


2)日射しの科学
   住まいの雑学