インデックスページ・・

●住まいの雑学
引き戸、雨戸の薦め
日射しの科学
初めての室内犬

●災害に備えて
災害列島・日本
地震に備える
台風に備える
劣化するインフラ
水害・冠水・土砂崩れ
ライフライン途絶に備える
ハザードマップで備える
火災保険・地震保険
水害と火災保険

江戸時代の仮設住宅と備蓄

●地下室のチェックポイント
地下室のいろいろ
地下室の結露対策
地下室の防水グレード
地下室のQ&A

●高齢化のための住まい
高齢化対策の基本
ヒートショックに要注意
プランのヒント
介護の現場から見た住まい

●簡単DIY
本棚を変える。扉をつける
開き戸を折戸に変える
アルミフェンスを立てる
突っ張り棒の注意点

 
 

 新しいタイプの災害『水害』
 最近の新しい自然災害に【水害】があります。集中豪雨で河川が氾濫し、『今まで50年、この土地に住んでいるが、こんな水害は初めて』という話もテレビでよく聞かれる言葉です。
 地震や台風は、建物を強くすることでその被害から免れる術を私たちは持つことが出来ましたが、水害だけはどちらかというというと河川整備や雨水排水機能などインフラ部分に依存する要素が高く、個人で対抗することも出来ません。
 このような【水害】被害に対処するには、大きくは次の2つしか無いのではないでしょうか

 火災保険で対処する
 いまや火災保険は、各社同じではありません。2010年に大きな制度変更が行われました。その結果、火災保険の料金は安いが、火災だけに限定した保険から、水災不担保だが、ひょうや雪の被害にも保険が出るタイプ。そして、水災にも保険が出るタイプと、大きく3つの保険タイプを選ぶことが出来るようになりました。
 言い換えれば、【水災】保証がついた保険でなければ保険金は支払われないともいえます。
 そのため、水害が十分に予想される地域では、水災担保の火災保険に加入しておくことも災害リスクを低 くする一つの方法でしょう。
 ただこの保険、どんな浸水でも対象になるのでは無く、床上浸水又は地盤から45p以上の水害でないと保険金が支払われません。

 基礎を高くする
 もう一つは洪水などで河川が氾濫することがハザードマップでわかっているときや、想定される水面高がそれほど高くないときは、基礎を高くすることで、これらの被害から建物を守ることも一つの手段でしょ う。

 


8)火災保険・地震保険   災害に備えて  10)江戸時代の仮設自由宅・食料備蓄

  第三者監理建築主デジカメコース契約サポート
  工事トラブル相談室 欠陥住宅調査、裁判対応