インデックスページ・・

●住まいの雑学
引き戸、雨戸の薦め
日射しの科学
初めての室内犬

●災害に備えて
災害列島・日本
地震に備える
台風に備える
劣化するインフラ
水害・冠水・土砂崩れ
ライフライン途絶に備える
ハザードマップで備える
火災保険・地震保険
水害と火災保険

江戸時代の仮設住宅と備蓄

●地下室のチェックポイント
地下室のいろいろ
地下室の結露対策
地下室の防水グレード
地下室のQ&A

●高齢化のための住まい
高齢化対策の基本
ヒートショックに要注意
プランのヒント
介護の現場から見た住まい

●簡単DIY
本棚を変える。扉をつける
開き戸を折戸に変える
アルミフェンスを立てる
突っ張り棒の注意点

 
 

 東日本大震災の影響が大きいのでしょうか。「想定外」の言葉のすき間を埋めるようなハザードマップの作成が各地で進んでいます。

 災害の種類
 天変地変と言われる自然災害には、大きく分けて4つの種類があります。古来から代表的な【地震】、【台風】といった一般的なものから、【水害】としての洪水、高潮、津波があり、【土砂災害】の中では地崩れ、土石流があります。そして、竜巻、落雷など、近年に入って発生し始めた新しいタイプの災害もあります。

 新しい被害ー内水(下水道のはん濫)
 また、都市の排水能力の限界を超えた集中豪雨により、【内水】といわれる新しい形の災害も増え始めています。
 内水とは、都市に張り巡らされた側溝、水路、下水道などの雨水排水処理施設が処理能力の限界を超え、排水出来なくなって道路に冠水したり、冠水した水が周囲にひろがり、床下、床上浸水を引き起こす新しいタイプの都市災害です。

 しかし、これらの災害の多くは地質、地形に左右されるものが多く、各自治体が公表しているハザードマップを活用することで、自分の住宅が建つ地域の災害危険度を知ることが出来ます。

 国交省ハザードマップ・ポータルサイト
 各自治体がつくったハザードマップが集められています。ハザードマップの玄関口と考えれば良いでしょう。

 地震ハザードステーション
 特定の地震には偏った検討ではありませんが、今後30年以内に各地点が震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を地図として示したページなどがあります


6)ライフライン途絶に備える   災害に備えて   8)火災保険・地震保険