インデックスページ・・

●住まいの雑学
引き戸、雨戸の薦め
日射しの科学
初めての室内犬

●災害に備えて
災害列島・日本
地震に備える
台風に備える
劣化するインフラ
水害・冠水・土砂崩れ
ライフライン途絶に備える
ハザードマップで備える
火災保険・地震保険
水害と火災保険

江戸時代の仮設住宅と備蓄

●地下室のチェックポイント
地下室のいろいろ
地下室の結露対策
地下室の防水グレード
地下室のQ&A

●高齢化のための住まい
高齢化対策の基本
ヒートショックに要注意
プランのヒント
介護の現場から見た住まい

●簡単DIY
本棚を変える。扉をつける
開き戸を折戸に変える
アルミフェンスを立てる
突っ張り棒の注意点

 
 

 増える異常気象、局地災害
 地球温暖化の影響や都市化などにより、異常気象や局地的災害が発生する確率が多くなっています。 私たちが何不自由なく生活している都市圏でも、河川の氾濫や高潮被害、内水氾濫、土砂崩れなどが以前よりも起きやすくなっています。また、戦後整備されたインフラが寿命を迎え、劣化しつつある事とまだまだ続く都市化も影響しています。

 インフラの弱体化
広がりつづける宅地化と雨 
 田んぼは雨の2割を蓄えますが、宅地は降った雨の全てが排水されます。今まで田圃であったところが住宅地として開発されれば、下水道や河川に流れる雨は田んぼの時よりも2割増しになります。

・内水氾濫
 東京の下水道の処理能力は時間当たり降雨量が50mm/hのようですが、最近の局所的な集中豪雨は簡単に50mm/hを超えた豪雨をもたらします。その結果、下水道が打った雨を処理できず、下水道から雨が溢れる内水氾濫が起こります。

河に蓄積する土
 水路や河川には、上流から砂や土砂が流れ落ちていきます。以前、長野県知事が治水はダム建設よりも河川底のしゅんせつの方がコストもかからず合理的だ。という話をしていましたが、身近にある小さな河川も砂や土砂の堆積は免れません。

堤防のシロアリ
 堤防のシロアリ。といっても、堤防のシロアリがいるわけではありません。堤防のシロアリ、それはモグラです。最近では外来種も増えているようですが、土でつくられた堤防は彼らの格好のすみかです。その長い長い巣穴の道は、堤防を弱くする原因のひとつとなっています。 


   3)台風に備える   災害に備えて   5)水害・冠水・土砂崩れ