インデックスページ・・

●住まいの雑学
引き戸、雨戸の薦め
日射しの科学
初めての室内犬

●災害に備えて
災害列島・日本
地震に備える
台風に備える
劣化するインフラ
水害・冠水・土砂崩れ
ライフライン途絶に備える
ハザードマップで備える
火災保険・地震保険
水害と火災保険

江戸時代の仮設住宅と備蓄

●地下室のチェックポイント
地下室のいろいろ
地下室の結露対策
地下室の防水グレード
地下室のQ&A

●高齢化のための住まい
高齢化対策の基本
ヒートショックに要注意
プランのヒント
介護の現場から見た住まい

●簡単DIY
本棚を変える。扉をつける
開き戸を折戸に変える
アルミフェンスを立てる
突っ張り棒の注意点

 
 

 フラット・バリアフリーの大きな勘違い
 知っている段差で人は転ばない!
 老後のためにバリアフリーにし、段差をなくそうという話は多いのですが、実は人間は、習慣で覚えた段差でつまずくよりは、認識していない段差でつまずくこくのほうが実は多いのです。
 床に置いてあった新聞や広告などの紙に足をすべらせる。コードを避けようとして転ぶ。厚着をして自由がききにくくなって転ぶ等々、歳をとると視力や運動神経が低下し、踏んだと思ったときに足をよける瞬発力も衰えています。
 もちろん、バリアフリーは、日常生活や介護が必要なときに有効な手段です。しかしバリアフリーにすれば、すべて安全とは思わないことです。

 間取りの原点:ダイニングキッチンを基点に食・談・洗・浴を隣接
 もっとも効率的な導線は「廊下」が無い事。職住接近ならぬダイニング隣接空間。実は人間がもっとも多くいるのはリビング・ダイニング・キッチンです。寝室なんて寝るときに使うだけ。浴室も風呂に入るときだけ。そうすると他の部屋がその周りにあると至って便利です。
 冷暖房はよく効き、導線も短くなる。でも少し余裕を感じられないのが玉にきずですね。

 マイコーナーを作ろう
 歳をとっていくと、夫婦であってもお互いの生活スタイルや趣味の違い、寝る時間も異なってくることがよくあります。小さな家でいまさらそれぞれの個室を・・なんて無理ですね。でも、小さなマイコーナーなら簡単に作れますよ。
 そして、意外と一人のスペースというのは、6畳のような大きな広さでは無く、4畳半的な距離感の方が落ち着くようです。右の図と写真はそんなマイコーナーの例です。ソファーとTVの距離は2.0〜2.2m程度。ソファは2人掛けが一人にはちょうど良いです。

2)ヒートショックに要注意    高齢化のための住まい
  
4)介護の現場から見た住まい