インデックスページ・・

●住まいの雑学
引き戸、雨戸の薦め
日射しの科学
初めての室内犬

●災害に備えて
災害列島・日本
地震に備える
台風に備える
劣化するインフラ
水害・冠水・土砂崩れ
ライフライン途絶に備える
ハザードマップで備える
火災保険・地震保険
水害と火災保険

江戸時代の仮設住宅と備蓄

●地下室のチェックポイント
地下室のいろいろ
地下室の結露対策
地下室の防水グレード
地下室のQ&A

●高齢化のための住まい
高齢化対策の基本
ヒートショックに要注意
プランのヒント
介護の現場から見た住まい

●簡単DIY
本棚を変える。扉をつける
開き戸を折戸に変える
アルミフェンスを立てる
突っ張り棒の注意点

 
 

 文庫本がたくさん入る本棚に作り替える
 文庫本は、本の中でもっとも小さな本ですが、文庫本専用の本棚を買うほど多くの本を持っていない場合は、いきおい、普通の本棚に入れてしまうしかないですね。
 ところが、カバーを見えるようにすると、普通の本棚は奥行きがありすぎる。かといって前後に重ねてしまうと、後ろの本のカバーが全く見えない。そんなとき、思いついたのが、右のアイデアです。

・製作方法
 既存の棚板Cを任意の高さに固定するために、棚板の両側にAの板を入れ、棚を受けます。次に文庫本の奥行きに合わせてカットした棚板Dを受けるために、Bの板を両側に入れて、文庫本用の棚Dを受けます。後は文庫本を入れていれば、A.Bの板が倒れることはありません。
 両側の板は厚み5mm。追加の棚板は厚み1cm程度のもので、ベニヤ又はMDFと言われる板が良いでしょう。

 オープンボックス棚に戸棚をつける
 わが家の洗面所には、タオルや下着を入れるのにカラーボックスを利用しています。でもオープンだとかっこわるいから、扉をつけました。

・製作方法
 利用した棚は、1000円ほどで売られていたカラーボックスで、扉はホームセンターで売っている厚み5mmのMDFというきれいな板を塗装も何もせずにそのまま使っています。(MDFは狂わない特性があります)
 扉をカラーボックスに合わせてホームセンターでカットしてもらえば、あとは、カラーボックスに扉と丁番とラッチを取り付けるだけです。
 もともとの1000円ほどのカラーボックスも、数百円で扉を付ければ、立派な戸棚に変身です。
 普通、蝶番をつけるにはビスを使います。しかし、厚み5mmではビスは効きませんので、この場合は小さなボルトナットを使って扉に蝶番を止めています。


  簡単なDIY   2)開き戸を折戸に変える