インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

ジャンカのレベルと補修方法
雨とコンクリート

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック


 
 
8)基礎立上がりにジャンカが出来る理由(わけ)

 基礎が完成したら、右の写真のようなジャンカらしきものが、基礎の立ち上がりの下部に出来る事がよくあります。
 「大丈夫なのかなぁ。」
 いろいろ事前に勉強した人になると、「これがジャンカと言われるものではないのか」と不安を覚えたりします。

 基礎立ち上がりの下部にジャンカ(?)が出来る理由
 ジャンカが非常に出来やすい部分ですが、それにはキチンとした理由がありますし、ここに出来るジャンカは全く心配する必要の無いジャンカです。
 立ち上がりの型枠は木製または鋼製の型枠を使いますが、鋼製の型枠は右の図のような「セパレーター」というものを底盤コンクリートの上に固定して鋼製型枠を固定していきます。
 そのため、スペーサーの厚み分2.3mmの隙間が、必ず底盤コンクリートと型枠の間に生じます。その隙間から、コンクリートのセメントペーストと呼ばれる成分が流れてくるのです。これがジャンカの原因です。
 反面、木製型枠は「スペーサー」という部材を使わないで、型枠を直接、底盤コンクリートに固定するので、隙間が生じにくく、ジャンカのようなものもできにくい傾向があります。

 写真の左は鋼製型枠。右は木製型枠でした。やはり違いがありますね。

 ジャンカは何もしなくても良いの?
 ジャンカは『程度問題』 の要素が大きいのですが、この部分に出来る高さ数p以下で、奥行きも数oまでと深くなければ、特に何もする必要はありません。美観上気になるようであれば、モルタルなどで補修してもらいましょう。
注:鋼製型枠の場合は結構連続して出来ますが問題はありません。木製型枠の場合は、底盤コンクリートの不陸で部分的に生じるケースが多いです。

 私の経験則上、この程度のジャンカは本当に表面だけで留まり、奥まで進行している深刻なジャンカ(いわゆる巣の状態になって、基礎としての強度のない状態)になっていることはほとんど無いからです。


冬にわかる嘘つき業者、正直業者  コンクリートの知識    ジャンカのレベルと補修方法