インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック


 
 
6)10年後のコンクリートの強度は?

 家を建てる方は、肝心かなめの基礎工事が気になる方が多く、その結果コンクリートも気になりますね。
 では、コンクリートの強度は、今まで説明してきましたし、他の方のブログなどを見ても、いくらの強度のコンクリートを打った・・といった説明を書かれているブログがあり、コンクリートのの強度には強い関心を持たれているのですが、コンクリートはその後どうなっていくのでしょうか

 コンクリートは永遠に強くなる
 実は、コンクリートはずっ〜と成長していっているのです。
 右の図は、平均的なコンクリートの強度推移をグラフにしたものですが、最初こそカーブが急ですが、それでも、いつまでも、いつまでも、コンクリートの強度は、実は年数を経るほど強くなっていっているのです。
 27年後には、なんと当初の1.7倍の強さにもなっています。時々中古住宅などの診断でコンクリート強度を簡易で測ったりすることがありますが、そこそこの強度を、どのコンクリートも持っていますよ。
   

 しかし、老いも進む
 でも、古いほどコンクリートは強くなっているのですが、同時にもろくなっています。いわば、みずみずしい肌と、老化の始まったパサついた肌、といった違いでしょうか。外見からは分かりませんが、その様な変化が起こっていると考えられます。
 言い換えれば、最初はつきたてのお餅のように粘りがあったのに、歳をとるほど『バキッ』と折れる水分のないかさかさしたお餅と想像すればわかりやすいと思います。
 あるいは『せんべい』のように、ある強さまでは硬いが、その強さを過ぎると突然折れる・・という意味の老いかたですね。
 そのため、「なあ〜だ。基礎に打つコンクリートの強度なんてそんなに気にしなくて良いんだ」なんてユメユメ思わないようにしてください。
 歳をとるほど強度は強くなるが、年を経るほどもろくもなる。
 それがコンクリートです。

    コンクリートの強度推移


    シュミットハンマー試験  コンクリートの知識   冬にわかる正直業者、嘘つき業者