インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック


 
 
4)コンクリートの品質管理

 さて、コンクリートというものは、
 1.強度もいろいろある(12.15.18.21.24.27.30N/mm2といった例)
 2.実際の強度も気温によって大きく左右される
 といったデリケートな材料ですから、コンクリートの表面を眺めていても強度も品質も何も分かりませんね。
 そのために、生コン車が到着したときに、現場で試験を行うのです。
 右がその写真ですが、行っているのは、コンクリートに有害な塩分が入っていないかの塩化物測定と、空気が適正な量だけ入っているかの空気量の測定、そして、そのコンクリートの強度が実際はどの程度あるのかを調べるための圧縮強度試験用のテストピースを取っています。(これ以外に、コンクリート温度の測定もします)

 なお、右の写真でテストピースが6つもあるのには理由があります。
 まず、圧縮試験は3本のテストピースを試験にかけてその平均値を試験結果とします。そしてコンクリート打設後の1週間目の強度と28日目の強度の2回行うために6本のテストピースを作ります。
注:1週強度の代わりにもも型枠を外してもいい強度、5N/mm2になっているかどうかを確認するためにおこなう場合もあります。

 スランプ試験
 これと同時に行うのが、「スランプ試験」といわれるもので、極端な話をすればシャブコンになっていないか。つまり、指定した柔らかさのコンクリートであるかどうかを試験しています。
 方法は簡単で、右図のような器にコンクリートを入れ、容器を上に上げるだけで、後はどれだけコンクリートが沈んでいったかの沈み量がスランプという値になります。
 そして、これらのいろいろな試験は公共工事では必須で、民間工事でも、マンションなどある程度の規模になれば必ず行われている試験なのです。

 しかし、住宅では規模が小さいためのに、現場監督ですら、このような試験を見たこともない現場監督は無数にいます。
 そして、その経験や知識の無さが、コンクリートを監理出来ない原因となり、基礎屋に任せっきりになる原因でもあるのです。
 さらに言えば、なぜ強度補正があるのか、いつ型枠をはずすのが正しいのか、という正しい知識も持たずに工事監理をし、あるいはしている会社がたくさんいるのですよ〜。

コンクリートの試験



















注:この写真は、サポートサービスを受けられた方の住宅の写真です。
 これだけの試験をするのにも数万円の費用はかかります。
 大手ハウスメーカーでは標準的に行っている場合が多いですが、一般の住宅会社で行っている令は少ないです。
 試験は生コン会社の試験室がすべてやってくれます。

コンクリート スランプ試験


気温に応じた打設強度の補正  コンクリートの知識   シュミットハンマー試験