インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック


 
 
コンクリートの固まり方と単位

 コンクリートの強度は、外気温に左右される
 コンクリートは、建築材料の中でも非常にデリケートな材料で、施工方法や養生方法によって、大きく品質の差が生じやすい材料です。
 また、コンクリートはゆっくりと固まっていき、概ね一ヶ月程度をかけて本来必要な強度に達していきます
 それは氷が出来るのと逆で、コンクリートは寒いほどゆっくりと強くなり、暖かくなるほど早く強くなります。つまり、コンクリートは外気温によって強度の発現が大きく左右される材料なのです。
 右図のように同じ21N/mm2という強度のコンクリートを打設しても、外気温によってそれぞれ異なる推移を遂げます。

 コンクリートが固まり始める最初の時期を「初期硬化」と呼びますが、この時期も同じで、この時の強さも一番上の右図のように、外気温が低ければ、初期強度(初期硬化)も弱く、外気温が高ければ初期強度(初期硬化)の早いと言うことが分かりますね。
 このことから、季節によって型枠を外す日数も異なってくるのです。

 強度の基準は打設後28日目を基準とする
 このように、コンクリートは外気温によって強度発現が大きく異なってくることと、徐々に強くなっていく性質の材料のため、コンクリート打設後28日目の強度を、そのコンクリートの強度と位置づけています。

 コンクリート強度の単位 N/mm2
 図や説明で、21N/mm2といった表現を使っていますが、コンクリートの強度は、N/mm2(ニュートン・パー・平方ミリメートル)という単位で表されています。
 住宅で最もよく使われる21N/mm2というコンクリートは、1平方ミリメートルに対して、約2.1kgの重さに耐えられ、10cm角の柱に置き換えると、約21トンの重さに耐えられる強さです。
(単位換算:10N=約1kg)


 コンクリートの知識   設計強度とは