インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に対する温度補正
もう一つの補正−強度補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
メンテナンスの時期

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック

●ブログ記事
(別ウインドが開きます)

・工事いろいろ
・基礎屋さんのお話
・アルミバルコニーを
    作ってもらう

 
 

 換気の目的
換気は、人間の活動や調理などで発生する一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物、粉塵、臭いといった汚染物質や水蒸気(湿気)などを室外に排出し、新鮮な外気を入れて、室内を常にきれいな空気に保つ役割を持っています。
その方法は大きく分けて、自然の力を利用する自然換気と機械の力を利用する機械換気に分かています。

 自然換気
もっとも一般的な換気方法で、ドアや窓を開けて室内の換気を行う方法。A図やC図のように、室内外の温度差や気圧差の変化、あるいはB図のような風の力を利用して行います。
どんよりした曇天の日にいくら窓を開けても空気がよどんだ感じがするのは、室内外の気圧も温度も同じで空気が入れ替わらないためでしょうね。

 機械換気
 自然換気のように、自然の力で換気をするのではなく、機械を使って計画的に室内の換気をつくっていくことを機械換気といい、代表的な方法として換気扇を設けて強制的に換気します。
その方法に第一種換気や第三種換気といった方法があります。
また、近年の住宅は気密性が高くなっているので、24時間常時換気の設置も義務づけられています。

 パッシブ換気
 自然の力をより積極的に利用することを考慮した設計方法で、気圧差、温度差、風圧などの自然の力をより積極的に利用して建物全体の換気を行います。窓を開ければ換気できるというより、換気扇などのエネルギーの入らない換気方法です。
いろいろな方法があり、右の例は床下から冷たい外気を取り入れ、それを室内に循環させて、最後に屋根から排出する方法です。


   換気設備   2)機械換気のいろいろ