住まいの材料と工事−外壁材住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

ジャンカのレベルと補修方法
雨とコンクリート

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック


 

 

 
外壁材−モルタル外壁

 どんな形状にも適合出来るモルタルは外壁の表情を豊かにすることが出来ますが、良いことばかりではありません。
ひび割れ防止の努力・・モルタルの宿命はひび割れです。モルタルのひび割れを抑制させる添加剤などもあり、昔ほど必ず発生するというものではありませんが、日々、コンクリートやモルタルのひび割れをなくすための努力はされ、これだけ科学技術が進歩してもいまもって根絶されていません。それだけひび割れをなくすことは難しいのです。
 最近では、モルタルを塗っていく途中にステンレスやファイバーグラスなどの細いメッシュを塗り込み、収束部分を多く作り、ひび割れを発生させにくくするクラックレス工法も開発されています。 しかし、モルタルを使う以上、避けて通れない宿命のようなものと考えておきましょう。

 

ひび割れのメカニズム
 コンクリートやモルタルにどうしてひび割れが起こるのか。
それは、これらの材料が乾燥する過程で必ず縮んでいく(収縮)という物理的性質があるからです。縮もうとする性質のために、下図のように、ある長さを境として、どちらかの側に縮んでいきます。その際に出来て分かれた部分がひび割れとなって残ります。
 コンクリートに鉄筋を入れるのは、強度を持たせると同時にひび割れを抑制させる目的でもあります。そのため、クラックレス工法でモルタルにメッシュのようなものをいれるのもそのメッシュ筋にモルタルが固着することで、自由に動く面積を少なくさせ、ひび割れが生じないようにしているのです。

【メンテナンス時期は、仕上げ材の優劣と耐震性】・・モルタルそのものの耐用年数は、普通の施工する限りにおいては30年程度は特にメンテを必要とせず持たせることが出来ます。そのため、モルタルを選択した時のメンテナンスは、1.漏水の恐れのあるひび割れの発生、2.仕上げ塗装の劣化、3.建物の耐震性の高い低いの3つの要素で概ね決まります。  

     

 ひび割れが発生しても美観上以外では、雨がクラック内に入り込むかどうかですが、幅1mm程度を越えなければそれほど心配はいらないでしょう。
 また、塗装など仕上げ材の劣化によって、見苦しくなり、メンテの潮時を計ることがありますが、退色も劣化も、塗装の世界では、単純に値段が安いほど、これらの耐候性も低いと考えておくのが無難です。

 そして、耐震性とどうしてメンテナンスが関係あるか不思議かも知れませんが、モルタルの外壁は一切の変形をしないという前提の材料です。しかし、建物は地震によって揺れ動きます(変形する)。ところが耐震性が高いほど地震を受けたときの揺れ幅も少ないため、結果としてひび割れが生じにくい、ひび割れが生じにくいためにメンテの時期を遅らすことが出来る、という理屈になります。

モルタルの寿命は・・
 上では、モルタルの30年程度、と書きましたが、特に定まった定説があるのではありません。古いモルタル仕上げをした住宅などを見ていると30年前後は問題なく経過しているので、30年前後は大丈夫と書いているに過ぎません。

 

年数が減るほどもろい・・
 しかし、コンクリートもモルタルも同じですが、あるいはサイディングも同様かも知れませんが、年数が経ていくほどもろくなっています。古いコンクリートを計ると強度はあるにも関わらず容易に割れやすくなっています。その理由までは調べていませんが、次のように考えておきましょう。
 若い材料は、みずみずしく、いわば湿気たおかきのようなものです。湿気たおかきは容易に割れません。しかし、カラカラに乾燥したおかきは、サクッと割れます。このような現象が古くなっていくほど強くなっていく傾向がありますが、見た目にはわかりませんよ。


モルタルの通気工法・・サイディングは通気工法がメーカー推奨工法だと、述べましたし、手抜き工事をしても良いのだ、と考えている会社以外は、例外なく通気工法でサイディングを貼っています。それは、軸組内の内部結露防止に大きな効果を発揮しているでしょうね。
 しかし、モルタルでの通気工法はどうなのでしょうか。
 やはり、今でも通気工法を採用してモルタル外壁を作っている例は極めて少数ですが、モルタルにも通気工法が無くはありません。  以前は、サイディングと同様に胴縁で通気層を設けて、その上に下地を張り、モルタルを塗るサイディングと同様の通気工法がありましたが、取りつけ方法に習熟が必要であったり、コストがかかったりするためほとんど普及していませんでした。しかし最近では、防水シートと通気層が一緒になっている通気専用シート(エア・パッセージシート)が取り入れられるようになります。
ただ、通気層の厚みがわずか5mmしかないため、従来の胴縁による15mm程度の厚みによる通気層に比べれば、同等程度まで通気されているのかどうかは確認出来ていません。
(注:エア・パッセージシートはデュポン社の商品名です)

上の写真は、胴縁の取りつけによって通気層を設ける旧来の方法。ただし、サイディングよりも倍以上重いため、取りつけ方法に習熟が必要でほとんど普及していなかった。


右はエアパッセージシートの説明文

■お断り
上の写真は、モルタル用の通気層の工事ではなく、サイディング用の下地の写真ですが、通気層というものを理解して頂くために便宜的に使用しています。
モルタルの場合は、この上に合板等の下地を貼り、アスファルトフェルトなどの防水シートを張り、さらにラスを張った上にモルタルを塗り重ねるという複雑な工程になります。
そのために胴縁をつかう通気工法はモルタルでは普及していません。


  外壁材  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内