住まいの材料と工事−外壁材住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

ジャンカのレベルと補修方法
雨とコンクリート

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック



 
 
タイル工事−タイルの価格

■タイルの一般的な価格

 住まいの建材の中では、たぶんタイルが一番高価な部類のひとつではないでしょうか。
 一般的な屋根材のカラーベスト、外壁のサイディング、室内のフローリングなどは、概ね4,000〜7、000円/m2程度ですが、タイルの場合は、概ね1万円/m2前後になります。また、下でも説明していますが、役物タイルを使うとグゥーンと総額もアップしていきます。
 しかし、予算が無くても印象的な場所に効果的にタイルを使えば、建物の表情も大きく変化していくのもタイルの魅力のひとつでしょう。
 下はそうしたタイルの一般的に価格帯です。(平タイルの施工単価の目安・材工共)
 タイルの大きさが大きくなるほど、タイルの価格も高くなる事がわかりますね。

タイルと価格


■役物タイルが決める舞台裏
タイルはどのメーカーのどんなものを選んでも、材料自身の当たりはずれはない。
しかし、次の点を注意しないと、思わぬ予算オーバーとなったりする。


タイルの役物
タイルは、役物といって、右図のようなコーナーの貼るタイルは、平面に貼る場合よりはるかに手間がかかるため、材料費と手間代が余分にかかってくる。
一般に、m2あたりの単価の50%程度の費用が1mあたりにかかります。

右図のような場合は、見た面が20m2でも、実際には下記の工事費がかかります。
タイルの材工単価・・9.000円として単純に計算すると、平面部分−20m2X9.000円/m2=180.000円。役物部分−13m2X4.500円/m= 58.500円
合計 238.500円となる。

タイルの貼る場所を考える場合は、いかにコーナーを少なくし、かつ、効果的に見えるかを考えるのも大きなポイント。
帯ると役物

モザイクタイル

 マンションの外装を細かく見ると、使っているタイルでグレード感を調整していることがよくわかります。
 上の写真は、50角二丁タイルと言われている製品ですが、上の価格帯でわかるように、外装タイルとしてはもっとも安価な部類です。
 これがさらに高級感を出そうとすると、小口タイルや二丁掛けタイル、あるいは石張り・・といった順で大きなタイルになり、同時に価格も高くなる代わりに、より高級感も醸し出すことが出来るようになります。
よく、左のようなマンションを見かけますが、これは役物を少なくしようとするローコスト設計から生まれています。下の写真のように、すべてのコーナーのタイルを止めると、コストはさらに下がります。

     モザイクタイル2 

  タイル工事  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内