住まいの材料と工事−材料・工事ミニ知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック



 
 
外壁防水シートの役割

■防水シートの役割

 下図は、雨水が建物にどのように進入するのかを表したものですが、ほとんどの雨水は外壁材の表面を流れ落ち、建物に内部に入ることはありません。しかし、外壁材の隙間やシーリング材の劣化あるいは材料のひび割れ、サッシと外壁材の隙間といったわずかな隙間から外壁材の裏側にはいる場合があります。また、サイディングなどはサイディングの裏面に結露が発生し、その水分がサイディングと軸組などの構造体の間にたまる場合があります。

 外壁防水シートは、これらの外壁表面で防ぎきれなかった雨水や、内部の結露水、あるいは長年の経年劣化で開いたわずから口から入り込んだ雨水が、構造体にまで達しないようにする大切な役割があります。
 つまり、外壁材や外壁の表面は1次防水、それで防ぎきれないものを構造体に入らないようにする最後の防水層という重要な役割をもっています

 今では、外壁からの雨水の浸入は10年の保証になっていますが、実はこれらの現象が起こりやすくなるのは保証の切れる10年目以降です。どちらかというと材料が割れたり隙間が生じたり、シーリングの割れなど 経年劣化による外壁の微細な隙間から内部に水が進入する場合がよくあります。
 そのようにして入った雨水を最後に構造体に入らないように防ぐ大切なものですから、目に見えない、隠れてしまうものですが、建物の重要な工事の一つといえます。

 外壁仕上げばかりに目を奪われがちですが、建物の長い寿命を維持するための大切な部分です。この部分の仕事の善し悪しで、建物の寿命も変わってきます。
きれいで丁重な工事をしている会社は後々のメンテナンスも安心かも。隠れてしまう部分にその会社の商品(建物)に対する姿勢をかいま見られる部分かも知れませんょ。


  

■外壁から水が入りやすい部分

  

■2つの防水シート

 建物を守る防水紙も2つの種類があります。
防水紙の種類 特徴 外観
透湿防水シート 白っぽい色

サイディングなどの外壁下地に多く使われている

湿気は通すが、雨は通さない

外壁通気工法では必ず使われている
アスファルトフェルト 黒、あるいはグレー色

モルタルなどの外壁下地

雨も湿気も通さない

■余談・・・外壁材料と防水性能

 外壁材料は、水をはじく性質をもともと備えた材料と、材料そのものは水を吸収する性質をもった2つの材料に区分されます。
 サイディングや磁器タイルなどは材料そのものが水をはじく性質を持っています。そのため、雨の侵入だけを考えれば、表面の仕上げをあまり気にする必要はありません。反対にモルタル塗やパワーボードといったALCなどの材料は、材料そのものに吸水性があり、じわじわと水分を吸い込んでいく性質を持っています。このような材料は、その上の仕上げ塗装に吸水性の高い塗料を塗ってしまうと、外壁の防水は保たれなくなります。

 また、コンクリートは防水性が高いと錯覚している人が多いですが、それは、コンクリートがしっかりと打設した場合のことであって、コンクリートにひび割れがあったり、ジャンカと言われるセメントや砂利がうまく混ざっていない粗雑な場所があると、そこが弱点となり、雨水はその部分からどんどん進入してきます。

水をはじく性質の外壁材 サイディング、タイルなど
水を吸い込む性質の外壁材 モルタル塗、パワーボードなどのALC
どちらとも言えない(施工次第) コンクリート打放し

  材料・工事ミニ知識  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内