インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
と強度単位

設計強度とは
気温に対する温度補正
もう一つの補正−強度補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
 の強度
冬わかる。嘘つき業者と
正直業者

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
ルーフィング

●外壁材
モルタルと
サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
メンテナンスの時期

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

●ブログ記事
(別ウインドが開きます)

・工事いろいろ
・基礎屋さんのお話
気になる基礎のクラック
冬のコンクリートは危ない
・アルミバルコニーを
作ってもらう
祝儀コミュニケーション

 
 

 屋根の防水はルーフィングが受け持つ
 屋根材のすぐ下には「アスファルトルーフィング」と言われる「防水紙」が貼られています。屋根材は表面の雨を流しますが、鋼板製の屋根材以外は一つ一つの屋根材自体は小さくそれを重ねながら張っているために、それだけでは、防水機能は完全ではありません。そのため、屋根材の下に貼られた防水紙が雨漏りを防ぎます。

 重ねる・・が全ての基本
 屋根材もひとつひとつの屋根材を重ねながら貼っていますが、防水紙も重ねて貼ることが基本になります。棟部分や一般部分はそれぞれ10cm以上重ね、壁際も25cm以上立ち上げて、建物から雨が入らないようにしていきます。 

 瓦は独特の仕様
 金属屋根やスレート屋根は、防水紙の上にすぐに屋根材を直接張っていきますが、瓦屋根だけは日本瓦、洋瓦それぞれに独自の方法があり、防水紙の上にさらに桟木を打ち付けて瓦を止めるという独特の工法を採用しています。

 ルーフィングも多様な製品
 ルーフィングはそう簡単に張り替えなどできないため耐久性が必要です。また、屋根材を止めるために釘を打ったり、瓦を乗せるための桟木を止めるのに釘を使います。シール性というのは、ルーフィングを必ず貫通する釘でルーフィングに穴が開きますが、自己膨張性によりその穴を塞ぐ機能のことです。
 これらの優劣で製品の価格は倍ぐらいの開きがあり、耐久性やより確実な雨漏りを防ぐなら、アスファルトルーフイングの製品や品質にも目を向けましょう。そして、より高性能な製品を選んでいる会社ほど良心的と言えますね。

 防水紙の耐用年数は30年前後。葺き替えを考慮
 雨漏りを防ぐ肝心要のルーフィングも、屋根材の下でおきる結露等で、概ね30年程度が寿命です(普及品を使ったとき)。その頃を目処に屋根の葺き替えを考えておくといいでしょう。


1)屋根材の種類と特徴    住まいの雑学