住まいの材料と工事−外壁通気工法住まいと法律・タイトル


インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

ジャンカのレベルと補修方法
雨とコンクリート

●コンクリートのミニ知識
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック
レイタンス処理について

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
ご祝儀コミュニケーション
柱状改良杭のチェック
木材が雨に濡れると・・・
基礎の防湿シートの誤解
小屋裏換気とは
外壁防水シートの役割
・ねじ山三山の意味
・24時間換気の意外な効用



 
 
外壁通気工法のルール
■外壁通気工法のチェックポイント!!

 広く普及している外壁通気工法でも、その仕組みを知らずに、ただ単に通気用の胴縁を張ればいいと誤解している建築会社も存在していますので、外壁通気工法を行う場合は、次の点をチェックしましょう。
 実際に施工するサイディング屋の職人も講習を受けているにもかかわらず、通気工法の基本を無視した工事をしてしまう商人達もいますよ。

■POINT-1  空気の入口と出口の確認

 外壁通気工法は、壁の中の空気が流れるようにすることですね。
 ということは当然、空気が入る所と空気が出て行くところが無くてはなりません。
 空気の入口は、サイディングの最も下面に隙間があけられ、空気が入るようになっているかどうかがポイントです。そして、空気の出口はサイディングの上で空気を抜くわけですが、一般的には軒裏などに換気口などを設けて、壁内の空気を放出します。

  外壁通気 空気の出入り口

■POINT-2  空気の通路の確認

 外壁通気工法をよく理解していない会社が行うもっとも多い間違いは、空気の通路を遮断してしまうことです。住宅には必ず窓がありますが、この部分もきれいに空気が流れる経路を設けないと、折角の外壁通気工法が効果を発揮しなくなります。

サイディングには、横張りサイディングと縦張りサイディングの2つの張り方があります。下記の図を参照にチェックしてみましょう。

  外壁通気 胴縁
  外壁通気 胴縁

■POINT-3  よくある間違い

 これも、外壁通気工法を理解していない場合によくある間違いの一つですが、折角軒裏に換気口を設けても、その前に天井下地材などで空気の経路を遮断してしまう例が見られます。要注意な施工例の一つです。
  外壁通気 軒天

■POINT-4  建物の形態と経路

 建物にはいろいろな形態があります。外壁通気工法はそれぞれの場面でどのように空気の経路を考えるかにあります。下記の図のような場合、点線部分のように空気の流れを考えた場合は、それぞれに空気の入口と出口を配置する必要があります。
 ただ、真ん中の図のように、外壁が垂直になったまま終わった場合は、この形態に適した専用の換気口は市販されていないため、どうしても外壁通気を行うのであれば、空気を排出できる専用のカバーを考える必要も出てきます。
 また、右図のように、単なるバルコニーの手すり壁のような内部結露の可能性のすくない部分にまで外壁通気を行うかどうかは、設計者や建築主の判断の範疇になるでしょうね。

  
  ○印の部分は、アルミ製笠木をつければ通気が確保される構造になっています。

■空気を止めるな。。
  空気が流れる経路を考える。

パワーボードなどの通気工法について

外壁通気工法は、サイディングだけに限らず、外断熱工法、合板にモルタル壁などでも可能です。ただ、タイルの外壁やパワーボードなどのALC外壁には、外壁通気工法はあまり採用されていません。

実際には、ALCにも外壁通気工法が可能です。メーカーサイドでも通気工法のことは記載されています。ただ、現実にはALCで通気工法はほとんど採用されていないのが現実です。

ALC等の通気工法は、サイディングと異なり、通気胴縁の入れ方が、ALCの割付を元に割り出し、しかもALCのジョイント部分は、サイディングよりも倍以上の広い幅の胴縁を必要とし、水切りもサイディングのように数多く対応品が出回っているわけではなく、どちらかというと別注製作になってしまいます。 このようなことから、ALCについては通気工法があまり浸透していないのが現実です。

  外壁通気って何  
住まいの水先案内人・エンドパネル