住まいの材料と工事−材料・工事ミニ知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

ジャンカのレベルと補修方法
雨とコンクリート

冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
・24時間換気の意外な効用
・ねじ山三山の意味

外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション



 
 
24時間換気の意外な効用


■24時間換気がない家に、24時間換気を付けてみた。

 ひょんなことから、24時間換気の絶大な威力を身近に感じる機会がありました。

 我が家は2000年以前に建てた家なので、そもそも、今では必須の24時間換気がありません。
 そした、たまたまですが、冬は浴室が寒いので、
『え〜い。断熱材で覆ってしまえ。そうすれば窓からの冷気も少なくなるだろう』
『しかし、浴室換気扇もすでに20年物だ。これを回しっぱなしにするのも故障の原因になりそうだ。』
『え〜い。トイレ用の換気扇をつけて、24時間換気してしまえ』と思い立ってやってみました。
 そうすると、意外や、意外!!
 すごい効果がありました。

 下がその写真です。
 本来浴室にあった窓にベニヤ板の裏に断熱材を張り、トイレ用の換気扇をくり抜いて付けています。
 そして、浴室を使う時以外は24時間回しています。
 注:これをするのは冬季だけです。春から夏、秋は窓を開けます。

     


■さて何がどう変わったか!!

効果−1:浴室の夜の寒さが無くなった。
 そりゃぁ、断熱材で窓を塞いだのですから少しは暖かいですね。しかしそれだけではありません。換気扇で排気をしているので、隣室(DK)の暖気が浴室に流れ込むので暖かくなったのです。この効果は大きいです。勝手に暖気を呼び寄せて、浴室もいわば軽く暖房をしているようなものですから。

効果−2:風呂の結露、カビが無くなった。
 冬でも油断をすると部分的に結露が起こったり、カビが生えたりしていたときがあったのですが、それが無くなりました。やはり換気の影響でしょう。それも24時間していますから、湿気は溜まりません。換気の本来の効果ですね。

効果−3:隣室が暖かくなった。
 浴室の隣はDKなのですが、今までは浴室の夜の冷気が流れこんで少し冷気を感じるときがありました。それはキッチンのレンジフードを回すと、隣室の浴室からの冷気を引き込んでしまうからです。しかし、浴室から換気をすることで、空気の流れが逆になり、浴室の冷気が流れ込まなくなった。これは意外というか大きな効果でしたねぇ。


■さて、これらから見えてきた24時間換気の排気側位置はどこがベストなのか。

 普通は、下図の1の廊下などが一番多く、廊下は暖かいですが、トイレや浴室は寒いままです。次はトイレの換気扇と併用する場合が多いですが、この場合は暖気がトイレに流れ込み、廊下もトイレも暖かくなります。
 浴室に24時間換気を配置すると上のような効果になります。浴室は暖かく、かつ、結露やカビの心配も低下します。キッチンのレンジフードと併用することはまずありませんが、廊下もトイレも浴室も寒いままですね。

    

 2階も同様に廊下から引くと、廊下は暖かいですが、トイレは寒いです。トイレに配置すると廊下もトイレも暖かくなりそうです。
 つまり、24時間換気の排気側は、一番多く計画される廊下側よりもトイレや浴室などに配置した方が、他室の冷気暖気が流れ込んで、そのおこぼれをちょうだいできる・・ということのようなのです。

 わずかな風量しか無い24時間換気。
 実は馬鹿にしていました。
 たいした風量は無いのだから、そんなに効果は無いのだろう・・と。
 でも、実際に有る無しを比べてみると、その効果は意外と大きなものだったのです。
 まぁ。24時間換気のない家に住んでいるからこそ出来る実体験なのですが、空気の流れという物は実に偉大でした。



材料・工事ミニ知識
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内