住まいの材料と工事−材料・工事ミニ知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

ジャンカのレベルと補修方法
雨とコンクリート

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック



 
 
基礎の防湿シートの誤解


 防湿シートの破れやシートを端まで敷いていない事を気にされている方がいます。

■べた基礎の防湿シートはおまけ
 右の説明のように、床下防湿は、底版のコンクリートでも十分なため、防湿シートはおまけ程度に考えておきましょう。
 でも、防湿シートの敷き方で、基礎屋さんの仕事の丁重さぐらいは値踏みできるかも知れません。

◆布基礎は確実に
 しかし、布基礎の場合は、べた基礎と異なり、厚い底版コンクリートはありませんから、防湿シート+コンクリートを打設するぐらいの慎重な工事がのぞましいです。
下記は、防湿シート+コンクリート用の鉄筋を配置したところ

◆基礎断熱は防湿シートが必要
 なお、基礎断熱にして床下に床下換気口を設けない工法の場合や、逆べた基礎などで、床暖房を底版コンクリート内に埋設するような特殊な工法の場合は、土中の湿気を完全に遮断する意味で、底版のコンクリートがあっても、防湿シートは敷き込んだ方がのぞましいですょ。



■防湿シートは床下防湿が目的。しかし、、、
 防湿シートを基礎の下に敷き込み理由は、その名の通り、床下の防湿が目的です。
 しかし、そもそも床下の防湿は、
1.厚み6cm以上のコンクリートか、
2.厚み0.1mm以上の防湿シートを敷き、その上に厚み5cm以上の乾燥砂を敷くかのどちらかで良いのです。

 そのため、現在主流となっているべた基礎の場合は、最低でも厚み12cmある底版コンクリートだけでも十分な床下防湿が可能になっており、基礎パッキンなどによる床下換気も備えているため、あえて防湿シートを敷き込む必要は、床下防湿という目的だけで考えれば、特にありません。

・べた基礎は破れていても、大勢に影響なし。
 住宅工事の多くは、理由もわからないまま、慣例的に行っているものもあります。あるいは、他社がやっているから、施主からのクレームを避けたいという意味でやっている場合もありますが、べた基礎の場合は、防湿シートが破れている。途中で止まっているからといって、特に気にされる必要は何もありません。
 きれいに敷きこんでもらった方が気持ちよい。
 あちこち破れていると不安だ。
という気分の問題はあっても、床下を乾燥させるという目的から考えれば、大勢にまったく影響のない話なのです。
    

・防湿シートは捨てコンの上でも下でもかまわない
 上記の理由から、防湿シートは、べた基礎の場合はおまけのようなものですから、捨てコンのあとで敷き込んでも、先に敷き込んで捨てコンをその上から打っても、何も問題はありません。

・材料の透湿抵抗(m2hmmHg/g)・・数字が多いほど透湿性が無い
・厚み100mmのコンクリート・・・・70
・厚み20mmのモルタル・・・・・・ 4
・厚み9mmの構造用合板・・・・・・10
・防湿シート・・・・・・・・・・260


  材料・工事ミニ知識  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内