住まいの材料と工事−材料・工事ミニ知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●コンクリートの知識

コンクリートの固まり方
       と強度単位

設計強度とは
気温に応じた打設強度の補正
コンクリートの品質管理
シュミットハンマー試験
10年後のコンクリート
         の強度
冬わかる。嘘つき業者と
         正直業者

基礎立上がりにジャンカが
    出来る理由(わけ)

ジャンカのレベルと補修方法
雨とコンクリート

●屋根工事
屋根材の種類と特徴
防水の要、アスファルト
   ルーフィング

●外壁材
モルタルと
   サイディングの優劣

モルタル外壁
サイディング外壁
ガルバニューム鋼板

●タイル工事
タイルの用語と種類
タイルの工法
タイルの価格
ブリックタイル

●外壁通気工法
外壁通気工法って何?
外壁通気工法のルール

●換気設備
換気の種類と目的
・機械換気のいろいろ
第一種、三種換気の特徴
換気方式とコスト
熱交換器のメリット
特殊な換気扇を使おう

●壁紙
壁紙
クロスの貼り分け
ボーダークロス−1
ボーダークロス−2
クロスの本場

●材料・工事ミニ知識
外壁防水シートの役割
小屋裏換気とは
レイタンス処理について
基礎の防湿シートの誤解
木材が雨に濡れると・・・
柱状改良杭のチェック

無垢フローリングの豆知識
無垢の壁材とフローリング
サッシのいろいろ
ホームエレベーター

ご祝儀コミュニケーション
冬のコンクリートは危ない!
気になる基礎のクラック

 
柱状改良杭のチェック

■柱状改良杭の原理
 杭と言うからには杭が堅い地盤に到達して、その地盤の強さで建物を支えている、と考えがちですが、柱状改良杭は、堅い地盤での支持力と同時に、軟弱な地盤の杭の周囲の土との摩擦力の二つで建物を支えています 。
 逆に言うと柱状改良杭は杭を設ける地盤の強さによって杭自体の強さも変わってくることになります。
 また、軟弱地盤が深くて、杭の先端の地盤が弱くても、意外と軟弱地盤層の杭の周辺摩擦力だけでも強い支持力を発揮しています。


■工事中のチェックポイント
 柱状改良杭で建物を支えますが、建物は基礎にその重さが伝達されます。つまり、基礎の立ち上がり部分に杭が来ていなければ効果が下がってしまいます。  そのため、工事中は右図のように、基礎の立ち上がりがある位置から杭が大きくずれていないかどうかがチェックのポイントになります。





■養生期間
 柱状改良杭は、線目と系固化剤を土に添加しながら土と固化剤を攪拌して杭をつくっていきます。いわばセメントで固められた土の杭、ということになります。
 そのため、セメントが硬化する1週間程度は杭に過度な荷重をかけて杭が固まりきらないうちに壊れないよう、1週間程度の養生期間が必要です。
 ただ、捨てコンや配筋などの大型重機が作業をしないような軽微な作業はおこなっても差し支えありません。

  材料・工事ミニ知識  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内