住まいと耐震性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●軸組工法の耐震性
耐震性の基本
基準法の耐震性チェック
耐震等級って何
例題建物の耐震性レベル
耐震性を高めるには
無知な言葉を信じるな
その他のお話

●2X4工法の耐震性
耐震性の基本
基準法の耐震性チェック1
基準法の耐震性チェック2
耐震等級って何
例題建物の耐震性レベル
その他のお話

EXCEL−耐震チェックシート

●セミプロ級
  耐震等級の仕組み
耐震等級のよくある誤解
等級2の耐力壁は1.5倍必要
1階の強さは、2階に比例
地震に軽い建物がよい理由
2階建てと3階建て
耐力壁の必要量を求める
設計者のお寒い耐震設計力
不完全な法−積雪をみない
不完全な法−地震力の低減



 

 

 

 ついでなので、2階建てと3階建ての違いを図示してみました。
 3階建ての建物は、頭でっかちですね。上に2階分が載っているからなおさらですし、積載荷重も2階建ての場合は、2階だけを考えれば良いのですが、3階建ては2階と3階の2層分を加算する必要があります。建物自重も、同じ面積であるとすれば、3階建ての方がより重くなるのでしょう。
 つまり、3階建てはいい加減な設計ではダメ
 キチンと構造計算をして、安全性を確かめないとダメ。 というのが、この図を比較してもうなずけそうです。

    

 ついでなので、3階建ての地震力の計算例を示しておきます。

 わっ。もうイヤ!!
 難しそう!!
 見たくない!!

という声が聞こえてきそうですが、やっていることは馬鹿のような単純作業です。
 こと1階の地震力は、ひたすら建物自重と積載荷重(60kg/m2)と地域によっては積雪荷重を計算して、建物の全体としての重さを出し、後はそれに耐震等級1ではあれば0.2をかけるだけです。そして、建物の重さは、1階の階高の下半分はいらない・・ということです。 理屈はいたって簡単ですからね〜。

 余談ですが、単位荷重の代表的な部分は法律で示されていますが、実際には構造設計者の性格で、安全側に重たく単位荷重を見る人と、法律ギリギリの荷重で見る人などいろいろです。ということは、実は、全く同じ建物でも荷重の拾い方に個人差が出ますから、計算されてくる地震力は構造設計者によって幅がでるんですよ。

 一番下の1階の重量累計は、196.5kN(19.6トン)となっていますが、人によっては、単位荷重を重めに見たり、壁の長さなどを少し余分に見たりしていると、全体として250kNになったり、あるいは180kNになったりします。そうするとこれに0.2をかけたのが1階に加わる地震力ですから、人によって算定される地震力が違ってきます。

    

 3階建てって、厳密そうに見える構造計算も、ある面でものすごくファージーなのです。
(どちらかというと重めに計算する構造設計者が多いですが・・)


  耐震等級の仕組み
  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内