住まいと耐震性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?


 

 

 「木と紙の家」と西欧人から揶揄された日本家屋ですが、実際には「木と土と紙」で作られた家です。

 「木」は、文字通り柱や梁あるいは屋根、外壁材、床材に使われた木材。

 「土」は、今日ご紹介する土壁。「紙」は障子や襖などの建具ですね。

 今回は、その土のお話しですが、以前、土壁で作られた2階建ての住宅の実物大振動実験が行われました。その建物は柱は150mm角で作られ、柱、梁共に杉を中心に建てられましたが、実験の結果、震度7の阪神大震災を想定した地震力で揺らしても、壁が割れたり、一部の柱が割れたものの、建物は倒壊を免れ建っていました。(下の写真。また、基礎はなく、石の上に建物を載せた昔の造りです)

 壁のほとんどが割れて多数が滑落し、建物の変形は2階の屋根で60cmも左右に揺れ、柱も何本も折れたようですが、地震が終わった後は、下の写真のように、ほぼ元の状態に戻っています。(写真左は地震が収まった後の様子。写真右は、地震を受けて損傷が始まったときの壁の様子)

 いわば、ヨットのように大きく揺れるけれども、復元力が強く、元に戻るのが土壁を使って建てられた昔の日本家屋の特徴です。

 それは、地震を受けたときに土壁が壊れていることによって、地震のエネルギーを吸収し、その時に建物の傾きは大きくなるけれども、決して倒壊しないし、ほぼ元の姿に戻っていたのです。

 そして土壁は、もう一度壊れた土を集めた練り直せば改めて使うことが出来ます。壊れた柱などは取り替えれば、その建物はまた、元のように使うことが出来ます。

 もちろん、土壁は当時としては土蔵にも使われているように、高い断熱性能もあり、日本特有の高温多湿な梅雨時の湿気をすってくれる優れものです。

    

 次のページの瓦もそうですが、自然に抵抗しようとせず、流れを受け止めずに流すことで自然に対処しようとしたのが昔の日本人だったと思います。



  耐震の雑学
  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内