住まいと耐震性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?


 

 

 前ページでは、柱を彫り込んでいるために、どうしてもその部分が弱くなる。その弱点をカバーするために柱寸法を1ランクわざわざ大きくしている、という通し柱の弱点を説明しました。

 そのような弱点を根本的に変えたのが、「柱埋込金物工法」という工法です。
注:格別定まった名称があるわけではなく、単に「金物工法」と言っている場合もあります。

 この工法は、柱も梁もほとんど彫り込まず、専用金物とドリフトピンという短いボルトだけで柱と梁、あるいは柱と土台などを固定しようとする工法で、クレテック工法、ナックル工法、SSマルチ工法等々、金物メーカーが各社各様の名前をつけていますが、全て理屈は同じです。

 この工法の最大の特徴は柱と梁などの接合部の強度を強くすることが出来ます
 さらにホールダウン金物など、軸組工法では必要に応じて耐震金物が随所に必要になってきますが、これらの工法では埋込金物自体が耐震金物を兼ねていますから、二重に金物を設ける必要がありません。
 つまり、耐震性の面で言えば、計数的にいくら良くなるとは数値化できませんが、在来型の方法よりもより安定した耐震性が確保できると考えられます。


その反面、

1.ややコスト高であること、
2.どのプレカット工場でも扱っているというわけではないこと
3.無垢材ではなく集成材に限定されている金物もあること
4.基礎に金物を直接固定する工法の場合は、アンカーボルトのセットに高い精度が要求される

といったことから、耐震上有利な工法ですが、これらが足かせとなり、まだまだ普及はしていません。

   
   写真は、タナカの「SSマルチ工法」の例です。
   柱の段滅欠損がほとんど生じず、柱の強度をそのまま生かすことが出来ます。
   その代わり、アンカーボルトの制度が要求されたり、少しコストが上昇します。

 大手ハウスメーカーでは、このような金物工法と在来型工法とが半々ぐらいで行われているのではないでしょうか。そして、中小規模の住宅会社になるとほぼ1割程度しか普及していないようです。それでも大きな規模のビルダーでは、この工法は積極的に取り入れられつつあります。



  耐震の雑学
  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内