住まいと耐震性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?

 
耐震性−はじめに

知らないと損をする住まいの性能

どんな建築会社でも、耐震性の高い建物をつくるのでしょうか。
どんな建築会社でも、耐久性の高い建物をつくるのでしょうか。
どんな建築会社でも、断熱性の高い建物をつくるのでしょうか。

建築確認が通れば、耐震性はチェックされていると思っていませんか。
建築確認が通れば、耐久性はチェックされていると思っていませんか。
建築確認が通れば、断熱性はチェックされていると思っていませんか。

答えは全て、NOです

そして、耐震性、耐久性、断熱性は、たったひとつの基準があるのではなく、品確法の性能表示制度では、建築主の任意の選択として、何段階かの性能基準を示し、そのなかで、建物の性能を選択できる目安を設けています。建築基準法の規定は最低限の基準を示しているにすぎません。
でも、性能表示も難しい制度、申請をするために費用もかかる。まして、いろいろな性能を高くするなんて、とってもお金がかかるのじゃないの・・・。とついつい、建築会社の言いなりの設計、あるいは建物の性能に目もくれない建築主の多いこと。多いこと。

黙ってお金を出せば、地震に強い建物や、いい性能の建物ができると思っているのは、いつも買い慣れている自動車や家電製品、日用品を購入することになれきったお人好しさんのすることです。

この特集では、住まいの性能に直結する耐震性、耐久性、断熱性、バリアフリーのそれぞれの性能を順次説明していきます。 

 

最初の手始めは、耐震性からスタートします。

そして、軸組工法、2X4工法などのご自身のプラン図からチェックできる耐震性のチェック方法も紹介していきます。

じっくり読めばわずか10万円程度の出費で、阪神大震災クラスの地震でもびくともしない、耐震等級3が可能となることでしょう。      


耐震性
  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内