インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?

 
 

6)効果的な耐震対策まとめ

 熊本地震から得られた教訓は次のようなものです。

 耐震等級の地域地震係数による低減を使うな!
 耐震設計をする際に、地震が少ないと考えられた地域では、『地域地震係数』を使うことで耐力壁を少なく出来ますが、熊本地震のように、「この地域は地震が少ない」という国の指針は当てになりません。設計者が無意識に地域地震係数を使った低減をしてしまう場合もあるので、そのような地域の人は注意しておきましょう。

 軟弱地盤(地盤補強が必要な土地)では、耐震等級3にする
 軟弱地盤では地震波が増幅され、震度が高くなることは以前から言われています。地盤補強が必要であり、かつ、4.5メートル以上と深い場合は躊躇することなく耐震等級3で設計してもらいましょう。

 筋交いは補助で使え。かつ、長いスパンはダメ!
 筋交いを使うかどうかは耐震設計をする設計者や住宅会社の思考が反映されやすい部分です。もし、筋交いを多用している設計者や会社であれば、熊本地震の例を研究してもらい、出来る限り筋交いは少なくしましょう。使う場合でも長いスパンの筋交いはダメです。

 壁直下率も考慮しよう!
 直下率が少ないほど耐震性は不利側に働きます。間取りを考えている段階で柱や耐力壁の位置まで正確に想定することは出来ませんが、壁の上下の位置はわかりますから、壁直下率が60%を超えるようにチェックしてもらいましょう。

 制震装置も効果はあるが、玉石混在、補助材料として使え!
 制震装置は各社各様の製品が売り出されていますが、まだ、大地震の洗礼を受けていません。効果のある製品もあれば看板倒れの製品も出てくるでしょう。耐震等級でキチンと考え、制震装置は補助装置として考えておきましょう。


 耐震をよく研究している設計者や住宅会社であれば、熊本地震の教訓はすでに反映されていることがあります。耐震等級3が標準仕様だ。直下率もチェックする。という会社も見受けられるようになりました。

 意識の持ちようで耐震性は見えない部分で大きく向上しますよ。


5.制震装置は効果ある?  熊本地震の教訓