知って納得構造科学住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?


 

 

 
知って納得構造科学−台風と建物

komi7_1.gif (4307 バイト)

風圧は、風速の二乗に比例します。
建築基準法では、建物のある高さの風圧は次の式で、計算するように定められています。
(注:平成12年の法改正により、もっと複雑な計算式に変更されましたが、ここでは計算の簡単な旧法で説明しています)

風圧(kg/m2)=60X√H  高さ16mまでの建物に適用(H=建物の高さ)

Hはその建物の高さですから、たとえば地面から高さ5mのところにある2階の窓には、1当たり135Kgの力がかかっている事になります。

komi7_2.gif (2590 バイト)

風は、地形の影響を大きく受けます。
気象ニュースなどで、報道される風速は観測所のある一定の場所ですね。
実際には、下図のようにA点で計測された風速より、B点で計測した風速の方がはるかに大きくなります。

断崖に立つ家 川沿いの山肌に立つ家 いわゆるビル風
ko-07-1g.jpg (3016 バイト) ko-07-2g.jpg (3560 バイト) ko-07-3g.jpg (3304 バイト)

 

komi7_3.gif (2236 バイト)

高層ビル群や商店街のような建物が一定の方向で並んでいるところに近づくと急に風が強くなる経験はどなたもされたことがあるはずです。
下の図を見ながら説明しましょう。
●左の図は、風の影響と建物の高さについて表しています。
通常、建物の1倍程度の範囲は、吹いている風の5〜15%強く吹き、建物の高さの2倍の部分は10〜30%程度風が強くなる可能性のある範囲です。


●中央の図は、風を受けた時のビル風の影響が強く現れる範囲を示しています。
角のとがった建物ほど風に与える影響は強く、丸い建物ほど弱くなります。

●右の図は、両側に高い建物が並んでいる時のビル風で、その影響は、入り口よりは出口側に長く影響を残します。

     ko-07-4.gif (6369 バイト)


  知って納得、構造科学
 
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内