知って納得構造科学住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?

 
知って納得構造科学−基礎の鉄筋はなぜ必要

komi6_1.gif (3582 バイト)

基礎のフーチングは、建物の荷重を地面に伝達するという大きな役割があります。

また、基礎の下の砕石は、電車の枕木の下にある砕石と同じように、基礎から伝わった力をより均等に地面に伝える役割を持っています。

ko-06-1.gif (2804 バイト)

目には見えませんが、左の図のようにフーチングの下では引張られる力が働き、フーチングの上では圧縮される力が働いています。

コンクリートより鉄筋の方が引っ張り強度は優れています。そのため基礎のフーチングに鉄筋を入れて補強すると、強度はぐんとアップします。

 

komi6_2.gif (3888 バイト)

基礎の立ち上がりは、柱から伝わってくる建物の荷重を土台と基礎を伝わって、均等に下の地面に伝える役割があります。

また、万一地盤の一部が軟弱であったとしても、建物の荷重を横に伝達する事によって、基礎の亀裂ができにくくするような役目もあります。


ko-06-2.jpg (7173 バイト)
左側の図のように土台に全体の力がかかるのではなく、上の図のフーチングと同じように基礎の下部には引張ろうとする力が働きます。
それに対抗するために鉄筋を入れます。
下表のように、一般に構造計算上、コンクリートは、引っ張りには抵抗できず、鉄筋でのみ抵抗できると考えます。
.

許容引張り

コンクリート 無しと考える
鉄筋 2,000Kg/cm2

 


  知って納得、構造科学
 
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内