知って納得構造科学住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?


 

 

 
知って納得構造科学−地耐力とは

komi2_1.gif (2301 バイト)

ko-02-1.jpg (10791 バイト) ●土は最も粒子の大きい岩から、最も小さい粘土まで大きくは左の5つに分かれおり、一番大きいものを「岩」と呼び、「砂礫−されき」「砂」「シルト」「粘土」の順に粒子が小さくなっていきます。
●一般的に粒子が大きいほど土の強度も大きくなり、小さいほど強度も小さくなります。つまり「岩石」は最も強く、「粘土」は最も弱いですね。
●また土の中に水が入ると、粒子が小さいほどより軟弱になります。
例えば、今まで固かった粘土が、水を加えるとあっという間に柔らかくなる現象がこのことを表していますね。

土は、大きくはこのような性格を備えています。

komi2_2.gif (2784 バイト)

地耐力とは、それぞれの土が持つ強さを数値化したもので、
岩石は1平方メートル当たり50トン以上の物を支えられますし、粘土や粘土の混じったシルトは、1平方メートル当たり1トン程度しか支えられない場合もあります。

komi2_3.gif (4193 バイト)

ko-02-2g.jpg (6222 バイト) 地盤はその建物の荷重を支えられず、建物が沈んでいきます。

前項の「建物の重さ」でもご紹介したように、木ざうの建物と鉄筋コンクリートで作った建物では、同じ面積でも、その重さは大きく違います。そのため、地耐力という土の強さを知り、その強さが他てようとする建物を支えられるかどうかを知ることが大事になってきます。

建物の重さよりも弱い地盤に、何も対策をせずに建てると「不同沈下」を起こして、建物が傾いていきます。

都市化が進み、木造住宅でさえ、今では新築住宅の半分程度が軟弱地盤の上に立ち。地盤補強工事が必要になっています。

komi2_4.gif (2210 バイト)

ko-02-2.gif (2868 バイト)●埋立地などでよくおこる現象ですが、砂やシルトなどの均一な地層で構成された地盤が水を含んだ状態で、地震のような揺れを加えられると、固体化していた土が液体のようになってしまう事をいいます。

●水分が蒸発して固くなった2日目のカレーに、少し水をいれると柔らかくなるのとよく似ています。

●岩や粘土もその中に水分を持っています。
その粒子が水分を内部に溜めて置ける限界(飽和水量)をこえ、かつ外部から雨などにより水分が入ってくると、あっと言う間に液体の中をさまようただの粒子になってしまうのです。


  知って納得、構造科学
 
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内