知って納得構造科学住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐震性事始め
はじめに
耐震性って何
品確法の耐震等級
阪神大震災と倒壊原因
基準法と耐震性の歴史

●耐震基準って何?
耐震基準の『前提』
耐震性だけで計れぬ要素
耐震基準ギリギリはダメ
構造計算は完全なのか?

●耐震性ミニ知識
耐震等級2以上を薦める訳
構造計算してますの勘違い
ギリギリの耐震性とは
耐力壁とは

●熊本地震の教訓
熊本地震の特徴
・耐震等級の落とし穴
・筋交いの弱点

・直下率を考慮しよう
(以下は準備中です)
・制震装置は効果ある?
・効果的な耐震対策まとめ

●耐震の雑学
地震の物差し(尺度)
耐震性の強さの変遷
耐震・免震・制震
筋交いは新技術!?
土台や柱は太い方がよい?
通し柱は多い方がよい?
通し柱はなぜ太くする?
耐震性に優れた柱埋込金物
ホールダウンはどこに必要
壁は多いほど強い!
大開口に門型フレ−ム
床の変形を防ぐ剛床
釘とビスの大誤解
3階建てを強くしたい
崩落するためにある土壁
地震でわざと落ちる日本瓦

2階に浴室を載せても??

●知って納得、構造科学
建物の重さ
地耐力とは
構造のいろいろ
木の意外な強さ
土の安定角
台風と建物
6帖に何人乗って大丈夫?

 
知って納得構造科学−建物の重さ

komi1_1.gif (3678 バイト)

ko-01-1g.jpg (6340 バイト) 建物には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造という大きく3つの構造があります。その構造の違いによって建物の重さも大きく変わっています。

建物の重さは、その建物自体が持つ重さ(これを自重または固定荷重といいます)と、その用途、例えば住宅なのか事務所なのか店舗なのかといった用途に応じて、その建物の床に載せるべき積載荷重が決められています。

下の表は、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造のそれぞれの建物を住宅と言う用途で作った場合の建物のの重さですが、1階の広さが16坪として、総2階、または総3階建てと仮定した時の、建物の重さを計算しています。

木造2階建てでは、建物の重さが30トン程度なのに対して、鉄筋コンクリート造でけは、同じ2階建てでも160トンもの重さの建物になっています。

積載荷重は床面積にたいして同じなので、建物自体の重さ(自重)が以下に違うかがわかると思います。

komi1_2.gif (2655 バイト)

構造

自重+積載荷重

建築面積16坪の建物全体の重さ これは、自動車でいえば自動車の車両重量と積載重量を足した総重量とおなじ考え方です。

実際の設計時はもう少し複雑ですが、概ね上表の程度の重さが、建物の地盤にかかっています。
木造2階建

600kg/m2

30t

木造3階建

900kg/m2

45t

鉄骨2階建

750kg/m2

37.5t

RC造2階建

3,200kg/m2

160t


  知って納得、構造科学
 
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内