住まいと耐久性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐久性の基本要素
はじめに
品確法の基準
基礎の高さ
床下防湿
床下換気
土台の防腐と水切り
小屋裏換気
軸組の防腐、防蟻
外壁通気って何?
重量鉄骨造の基準
鉄筋コンクリート造の基準
バルコニー防水
本気の基準法住宅
制度を活用しよう

●建物劣化とメンテナンス
建物劣化はどこから始まる
自然劣化の進み具合
人為的ミスによる劣化
メンテナンス計画表

●耐久性を考える
耐久性の3要素
木材の耐久性と価格
公庫融資の耐久性仕様とは
メンテナンスは健康診断
その他の要素

●50年もつ家
50年もつ家を考える
立地を考える
外装材は何が良い
メンテで困る家
軒の出と建物の長持ち度
木は何が良い
35年目のオーバーホール
5年に一度、目視点検

●ミニ知識
軒の出の無い建物と外壁通気
小屋裏換気とは
バルコニー防水の方法
建物と周囲地盤の関係
24時間換気
本当の建物寿命は何年?


 

 

 
公庫融資の耐久性仕様とは
住宅金融公庫の基準金利を受けるためには、公庫が定めた、耐久性仕様というものを満たす必要があります。
それが耐久性を向上させる全てではありませんが、必ずしておくべき要素を含んでいます。

建築基準法や公庫の融資基準は時代とともに変化しています。
終戦直後や高度成長時代の、まず住宅の数を増やせという時代から、今はいかに良質な住宅ストックを増やすかという時代の転換期です。
このような仕様が定められて、まだ、数年しか経っていません。
量の時代から室の時代へ。
これからの住宅性能表示の時代は、さらに技術のレベルアップが図られるはずです。

注:平成12年に性能表示制度が出来てからしばらくは、公庫の耐久性仕様と、性能表示の耐久性基準「劣化の低減」の基準が異なっていましたが、平成15年に公庫仕様は、性能表示の劣化の低減等級2に統一されました。このページでは、公庫耐久性仕様の旧基準を説明しています。

1.在来軸組工法−湿気が木を腐らせる。そして、シロアリとの戦い

■木材や構造材の防湿を目的とした仕様

基礎の高さや床下防湿、換気口は、建物の構造体を乾燥させ、木材が腐ったり、結露の発生を防ぐことが目的です。

木材の大敵は湿気。
私たちは、ただ蒸し暑いなぁ。除湿器をかけよう。ということで済んでしまいますが、もし、こんな準備がなかったら、木材は知らず知らずの間にどんどん腐っていくのです。
腐ってからではお・そ・い。

    基礎の仕様

■ 床下、小屋裏の換気通風

小屋裏換気仕様真夏の外気温32℃のとき
小屋裏は、50〜60℃、
床下は、25℃以下。
梅雨時は、結露が発生しやすい。
室内は、冷房で28℃で快適。
エアコンと断熱材のおかげで、
あなたは知らないけど、木材は大変なんだ。

 

注)基礎を断熱工法とした場合には、床下換気口をとる必要はありません。
  床下換気口の代わりに最近では基礎パッキン工法が主流です。

■ 木材の防腐やシロアリの防蟻のための仕様

木材のもう一つの大敵はシロアリ。
阪神大震災でも、シロアリの被害で倒壊した古い建物をよく見かけました。
防蟻剤には、ホルムアルデヒドを多く放出するものもあります。
現場塗布などはその典型ですが、安価な防腐土台も工場での加圧注入式のものは、室内汚染物質の放散が少ないといわれています。

    防腐・防蟻措置の図

2.2X4工法

■面耐震の要となる耐力壁の材料

2X4は、面による耐震です。
その要となる耐力壁の材料を規定しています。
また、当然ですが、釘のピッチがその次に重要です。
釘のピッチを10cm間隔で打っているかどうかは、現場でチェックしたい最重要ポイントです。 どんなに厚い合板を使っても、釘のピッチがいい加減では、耐震性能は大幅に低下します。
また、もっとも手抜きの多い部分でもあります。
10cm毎にくぎを打つ。じゃまくさい、じゃまくさい。そんな現場の声が聞こえてきそうです。 あなたに釘のピッチの説明が出来ない工事会社があれば、住宅産業から退場です。

   2X42X4の釘ピッチ

3.鉄骨造−錆との永遠の戦い

■防錆措置

鉄と錆は切っても切れない。永遠のお友達。

鉄骨造仕様鉄骨造は、防錆に始まり、防錆に終わります。
どんなに外見をきれいにしても、中に錆が回るともはや手はつけられません。
また、鉄骨造は、外壁などをシーリングで処理する乾式工法がほとんどのため、漏水やピンホールからの浸透水など、水に対する十分な注意が必要です。
公庫の耐久性仕様では、錆止めの種類や回数が指定されています。
ハウスメーカーなどの鉄骨材は、工場での亜鉛メッキなどが使用されています。
(最も耐久性の強い防錆方法の一つ)

4.RC造−かぶり厚−コンクリート中性化という自然との戦い

RC造は、材料そのものの耐久性に差がない変わりに、施工方法で大きく耐久性の差が生じます。
RC造は、鉄筋とコンクリートの両方があって初めて強度を確保します。
下図のようにコンクリート表面と鉄筋の間隔<かぶり厚>の確保が重要なのです。
この「かぶり厚」は、コンクリート内部の鉄筋を錆からまもる重要な役目をもっています。
コンクリートの中の鉄筋は錆止め塗装などはしていません。

錆びはじめた鉄筋は腐食で膨張し(2.5倍)、コンクリートを破壊します。同時に錆びた鉄筋の強度も低下し、コンクリートの亀裂と相まって強度は著しく低下し、亀裂は水道(みずみち)となって建物のアチコチに漏水をもたらします。

かあ゛り厚
公庫で定められたコンクリートのかぶり厚
地中部分 基礎
7cm 以上
柱、梁、スラブ、耐力壁
5cm 以上
地上部分 柱、梁、耐力壁
5cm 以上
屋根・床スラブ
普通の壁
4cm 以上
全て、屋外側のかぶり厚です。

新幹線コンクリート落下事故。これも上の「かぶり厚」のなさが原因です。
詳しくは、最後のページを。

 


  耐久性を考える  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内