住まいと耐久性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐久性の基本要素
はじめに
品確法の基準
基礎の高さ
床下防湿
床下換気
土台の防腐と水切り
小屋裏換気
軸組の防腐、防蟻
外壁通気って何?
重量鉄骨造の基準
鉄筋コンクリート造の基準
バルコニー防水
本気の基準法住宅
制度を活用しよう

●建物劣化とメンテナンス
建物劣化はどこから始まる
自然劣化の進み具合
人為的ミスによる劣化
メンテナンス計画表

●耐久性を考える
耐久性の3要素
木材の耐久性と価格
公庫融資の耐久性仕様とは
メンテナンスは健康診断
その他の要素

●50年もつ家
50年もつ家を考える
立地を考える
外装材は何が良い
メンテで困る家
軒の出と建物の長持ち度
木は何が良い
35年目のオーバーホール
5年に一度、目視点検

●ミニ知識
軒の出の無い建物と外壁通気
小屋裏換気とは
バルコニー防水の方法
建物と周囲地盤の関係
24時間換気
本当の建物寿命は何年?


 

 

 
重量鉄骨造の基準

鉄は必ず錆びる!

 鋼材は建築の構造材の中でもっとも強い強度をもつ材料で、超高層建築でも軽さと強靱さという2つの特徴を利用してかならず鉄骨造で造られ、また、マンションや高層建築でも10階建て程度を超える頃からほとんど鉄骨造になっています。
 しかし、この鋼材の最大の弱点は耐火性と錆の問題です。特に錆は鋼材が空気に触れることによって酸化され、それが錆の原因となっています。
 そのため、鉄骨造では、錆の進行を防ぎ、空気に触れさせないように錆止め塗料をどの程度行うかが耐久性の重要な要素になってきます。

普通は一般錆止め
 しかし、一般住宅で使用される錆止め塗料は、もっとも安価で耐候性のない一般錆止め塗料というものが使われている場合がほとんどですから、重量鉄骨造で耐久性を重視するなら、錆止め塗料のチェックは欠かせません。

柱の足下その他の部分
 品確法の耐久性区分では、等級ごとに鋼材の厚みによって使用すべき錆止め塗料が指定されており、特に湿気が生じやすい柱脚(ちゃうきゅく・・柱の足下)には、錆止め効果の高い塗料が指定されています。

床下換気+小屋裏換気
 鉄骨造の耐久性仕様では、木造と同様の床下換気や小屋裏換気も等級2.3とも必須事項となっています。忘れないようにしましょう。

 

・建築基準法では何も規定されていません。


  耐久性の基本要素  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内