住まいと耐久性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐久性の基本要素
はじめに
品確法の基準
基礎の高さ
床下防湿
床下換気
土台の防腐と水切り
小屋裏換気
軸組の防腐、防蟻
外壁通気って何?
重量鉄骨造の基準
鉄筋コンクリート造の基準
バルコニー防水
本気の基準法住宅
制度を活用しよう

●建物劣化とメンテナンス
建物劣化はどこから始まる
自然劣化の進み具合
人為的ミスによる劣化
メンテナンス計画表

●耐久性を考える
耐久性の3要素
木材の耐久性と価格
公庫融資の耐久性仕様とは
メンテナンスは健康診断
その他の要素

●50年もつ家
50年もつ家を考える
立地を考える
外装材は何が良い
メンテで困る家
軒の出と建物の長持ち度
木は何が良い
35年目のオーバーホール
5年に一度、目視点検

●ミニ知識
軒の出の無い建物と外壁通気
小屋裏換気とは
バルコニー防水の方法
建物と周囲地盤の関係
24時間換気
本当の建物寿命は何年?


 

 

 

 中古住宅診断などをしていると、同じような年代に建てられた建物でも、傷みの早い建物とそうでない建物があります。

 『細長い建物よりは、四角い建物。住宅密集地よりは郊外の建物。高い建物よりは平屋の建物』の方が長持ちしているような印象が残りますし、サイディングやモルタルの外壁など、同じ外壁でも、すぐに痛んだように感じる建物とそうでない建物があります。

 その住宅の置かれた環境によって劣化の進行も変化しているようです。

 また、全ての消費財がそうであるように、建物も同様に建てたときから「劣化」が始まります。

  ところで同じ建物でも、2つの異なった「劣化」があります。

■自然劣化
 その材料の持っている性質上、劣化しやすい場所や材料。つまり、自然劣化といわれるタイプの「劣化」で、これは、材料や工法固有の寿命なので、この寿命を延ばすことは物理的に出来ません。

■人為的なミスによる劣化
 上のような材料や工法の自然劣化ではなく、仕事の不手際で考えていたよりも早く劣化してしまう場所です。逆説的にいうと、人為的な仕事の不手際が起こりやすい場所と言い換えた方が良いかも知れませんし、劣化と言うよりも人為的被害といった方が正しいかも知れません。

 自然劣化の代表例は、外壁との塗装ですね。何年かすれば塗り替えが必要です。それにやや近いのがサイディングに不可欠のシーリングです。このシーリングはサイディングの寿命よりも早いためにサイディングの弱点となっています。

・自然劣化・・・外壁塗装、サイディングのシーリング、樋
・人為的被害・・衛生配管からの漏水、排水ドレン、バルコニーの手すりからの漏水、雨漏り
といった部分を次ページから具体的に説明していこうと思います。

 この2つに特徴的なことは、
 自然劣化」は、建物があり続ける限り進行し、定期的なメンテナンスが必要です。
 人為的なミスによる劣化」は、新築後1〜10年以内に発生することがほとんどで、気がつくことが遅くなりがちですし、被害も大きくなりがちですが、その原因を正せば、「自然劣化」の進行に戻ります。

   

■人為的ミスによる劣化のチェックポイント
 人為的なミスはなかなか顕在化しません。典型的に多いのは、何気なく床下点検口をのぞいたら、給水菅から漏水していて、床下が水浸しだった・・というのは、意外と多いのです。
 建物完成後の3ヵ月、6ヵ月あるいは1年、2年点検は、業者がしない場合は、自ら点検口から除くだけでも異変に気づく場合が多いのです。


  建物劣化とメンテナンス  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内