住まいと耐久性住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●耐久性の基本要素
はじめに
品確法の基準
基礎の高さ
床下防湿
床下換気
土台の防腐と水切り
小屋裏換気
軸組の防腐、防蟻
外壁通気って何?
重量鉄骨造の基準
鉄筋コンクリート造の基準
バルコニー防水
本気の基準法住宅
制度を活用しよう

●建物劣化とメンテナンス
建物劣化はどこから始まる
自然劣化の進み具合
人為的ミスによる劣化
メンテナンス計画表

●耐久性を考える
耐久性の3要素
木材の耐久性と価格
公庫融資の耐久性仕様とは
メンテナンスは健康診断
その他の要素

●50年もつ家
50年もつ家を考える
立地を考える
外装材は何が良い
メンテで困る家
軒の出と建物の長持ち度
木は何が良い
35年目のオーバーホール
5年に一度、目視点検

●ミニ知識
軒の出の無い建物と外壁通気
小屋裏換気とは
バルコニー防水の方法
建物と周囲地盤の関係
24時間換気
本当の建物寿命は何年?


 

 

 

 今回のテーマは、50年もつ家を作ろう。というテーマですが、どこに価値観を持ってくるかでなかなか難しいテーマです。普通に建てても、十分に35年以上は持つのが今の建物ですから、あとは、出来る限りメンテナンスがいらない建物が良いですね。

 若い頃は子育てと家を持つことに給与の大半が必要でした。 少しゆとりの時間が持てた定年後もあっという間に通り過ぎ、そのあとには、病院通いと医療費にシフトしていきます。だから、歳をとれば取るほどメンテの不要な家がよい。

 そうすると、
 長持ちする材料は何なんだろう・・
 メンテのいらない材料は何なんだろう・・と考えがちですが、
 たとえば、瓦は基本的にメンテナンスフリーですが、カラーベストやガルバニューム鋼板なども15〜20年間隔でメンテが必要です。だったら、瓦の方が良いじゃないか、と答えをすぐに求めたがりますが、材料にはメリット・デメリットがあり、軟弱地盤で地震波が増幅される土地では、軽い屋根の方が無難でしょう。

 モルタルの外壁は基本的に10〜15年程度に塗り替えをした方が良いですが、では、サイディングは不要かというと、シーリングの打ち替えは10〜15年ごとに必要ですから、メンテそのものはそんなに変わりません。(モルタル壁の全面と層の塗り替えよりは、シーリングの打ち替えの方がはるかに安いですが、いずれも足場は必要です)

 もっと大事なことは、
 経年劣化の現れ方は人間と同じで、家ごとに、完全に違うと思っていた方が良いです。
 瓦のメンテはこうだ。タルタルの外壁はこうだ。と決めつけない方が良いです。


 そして、築35年目は、仮に35才で家を建てた人は、ちょうど65歳前後になっています。いよいよ定年後の老後の生活です。

 そうすると、あまり、材料の優劣を一生懸命考えるよりは、築35年目に屋根も外装も総点検をして、後の15年20年(築50年)を安心して暮らせるというメンテナンス計画を持っておいた方が賢明でしょうね。


 そのときの費用はおおざっぱに300万円です。
 いわば、オーバーホールで、劣化しているところを直し、雨漏りがしないように建物余命を確実にする機会をキチンと設けることですね。
 
もちろん、それ以外に新しい住宅設備を入れたり、内装のリフォームをする費用は別に必要です。

 もっとも今は、そういう予算が必要だと心構えをしておくだけで十分。
 さぇ〜。これから住宅ローンを返していくぞ〜。なんて時に35年先の300万円の積立計画なんか考える必要は全くありません。
 そして、材料は自分の好きなものを選べばいいと思います。

 人間も身体にガタが来るのは50才を超えてからです。60才の歳を聞くようになってくると、少しずつですが「老化」を身近に感じるようになります。
 でも定年前後に一度人間ドックに入り、キチンと点検をして、あと10年を安心して過ごす。
 そういう意味でも、築35年は人間でいう定年の年代、オーバーホールの年令でしょう。
 そしてその後は、住宅ローンも無くなり、お金の心配をせずに安心して過ごせると良いですね。


  50年もつ家  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内