住まいの性能 基礎知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●性能表示制度ダイジェスト
はじめに
構造の安定性(耐震性)
火災時の安全性
光・視環境
劣化の低減(耐久性)
維持管理の配慮
温熱環境(省エネ性)
空気環境(シックハウス)
高齢者への配慮
音環境
防犯に関すること

●住宅性能と記号
○断熱系
C値 :相当すきま面積
K値 :熱貫流率
Q値 :熱損失係数
○防音系
L値 :床の遮音等級
T値 :サッシの遮音等級
D値 :壁などの遮音性能
○木材系
D1材:木材の耐久性区分
KD材:乾燥木材
○地盤系
N値 :地盤強度の指標
○シックハウス
Fc値:ホルムアルデヒド

●住まいの防犯対策
ドロボウの手口と侵入口
防犯対策の基本
それぞれの場所の防犯対策
ガラス知識・CPマーク

●住宅の防音と遮音
音とは
2世帯住宅と防音
外部からの防音と遮音
マンションの防音

●性能ミニ知識
長期優良住宅


 

 

 
空気環境(シックハウス)

空気環境とは

以前ほど騒がれなく作りましたが、等級3はいまや標準です。

ただ、シックハウスの対象はホルムアルデヒドなど、特定の化学物質だけです。シックハウスにかかるアレルゲン(アレルギー反応を起こす対象物質)は人それぞれなので、法律だけでは守りきれない分野です。

ご自身にアレルギーがある場合は、血液検査などで厳密にアレルゲンを見つけ出した上での対策が不可欠です。


     

■等級

等級 評価 ポイント
等級4 JAS規格Fco又は、JIS規格E0の建材を使用 いわゆる「ノンホルムアルデヒド」と言われるもの
等級3 JAS規格Fc1又は、JIS規格E1の建材を使用 ほとんどの建材は、このレベルがさていてライン
等級2 JAS規格Fc2又は、JIS規格E2の建材を使用 .
等級1 規定無し .

等級3は、当たり前

建材メーカーの対応は急ピッチ。コストアップ無し。

ホルムアルデヒドなどの室内汚染の問題が叫ばれて以来、建材メーカーのホルムアルデヒド対策は急ピッチで進んでいます。
そのため、等級2の製品を探す方が難しくなりつつあります。
等級3はもはや常識です。
当然、コストアップはありません。


他の汚染物質を忘れるな。(この法律は片手落ち)

この法律はホルムアルデヒドだけが対象。

シックハウスが心配な人は、この法律上の等級4にしたからといって決して安心しないこと。
この法律は、ホルムアルデヒドを対象としているだけで、クロスの接着剤や塗料などに含まれる有機溶剤などは一切対象としていないので要注意。

シックハウスやアレルギーが気になる人は、 血液検査などで、自分のアレルゲンを調べ、自分の身は自分で守りましょう。
特にアレルゲンは人それぞれなので法律だけでは守りきれません。

  性能表示制度ダイジェスト   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内