住まいの性能 基礎知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●性能表示制度ダイジェスト
はじめに
構造の安定性(耐震性)
火災時の安全性
光・視環境
劣化の低減(耐久性)
維持管理の配慮
温熱環境(省エネ性)
空気環境(シックハウス)
高齢者への配慮
音環境
防犯に関すること

●住宅性能と記号
○断熱系
C値 :相当すきま面積
K値 :熱貫流率
Q値 :熱損失係数
○防音系
L値 :床の遮音等級
T値 :サッシの遮音等級
D値 :壁などの遮音性能
○木材系
D1材:木材の耐久性区分
KD材:乾燥木材
○地盤系
N値 :地盤強度の指標
○シックハウス
Fc値:ホルムアルデヒド

●住まいの防犯対策
ドロボウの手口と侵入口
防犯対策の基本
それぞれの場所の防犯対策
ガラス知識・CPマーク

●住宅の防音と遮音
音とは
2世帯住宅と防音
外部からの防音と遮音
マンションの防音

●性能ミニ知識
長期優良住宅


 

 

 
温熱環境(省エネルギー性)

温熱環境とは

住宅の断熱性能は、昭和55 年に作られた基準を最初として、時代の要請とともに
強化されていき、今までに都合4 回の法律が作られ、5 等級となっています。

●昭和55 年基準、旧省エネルギー仕様(性能表示制度の省エネ等級2
昭和55(1980)年に設けられた基準で、現在でも財団法人住宅金融支援機構のフラット35(および35S)を利用する場合に最低限、住宅に付加しなければならない断熱性能の基準として使われています。ただ、性能的には低く、これからの新築住宅の断熱設計をこの基準で建てられている住宅は1つもありません


●平成4 年基準、新省エネルギー仕様(性能表示制度の省エネ等級3)

平成4(1992)年に設けられた基準で、現在の建売住宅などでも多くがこの基準で建てられています。現在の最も標準的に採用されている基準といえます。

●平成11年基準、次世代省エネルギー仕様
平成11(1999)年に設けられた基準で、文字通り、次世代への先駆的省エネルギー基準ともいうべきもので、当時のフラット35Sの「省エネルギー」仕様や、2009 年から2013 年かけて行われた「住宅エコポイント」制度の基準仕様としても使われ、「長期優良住宅制度」の必須仕様ともなりました。


●平成25 年基準(性能表示制度の省エネ等級4)

 平成25(2013)年に制定され、2 年間の経過措置を経た後、平成27 年4 月に施行された法律です。性能的には平成11年基準とほとんど変わりませんが、「省エネルギー対策等級」から「断熱等性能等級」と名称も変わり、新たに設備機器を対象とした「一次エネルギー消費量」などの項目が増え、次の省エネ対策である設備の省エネ化を意識し、「低炭素住宅」を指向した制度設計となっています。

      

■等級

等級 断熱等性能等級 一次エネルギー消費等級
等級5 低炭素住宅基準
等級4 等級3より15〜50%のエネルギー消費量を削減
次世代省エネ基準−平成25年の基準
平成25年の基準
等級3 等級2より30〜60%のエネルギー消費量を削減
新省エネ基準−平成4年の基準
等級2 エネルギー消費量を削減
旧省エネ基準−昭和55年の基準
等級1 規定無し
断熱材は入れなにくても違法ではない

等級3は当たり前。


今の時代、平成4年に策定された等級3のレベルを基準にするのが当たり前。
建売住宅、建築条件付の建物でも、その殆どは等級3のレベルで建てています。しかし、時々低い低い等級2のレベルで建てている業者がいます。要注意です。


省エネルギーを考えるなら、等級4

長期優良住宅では等級4が必須。

時代はエコ。今や等級4の次世代省エネルギー仕様が標準の仕様になりつつあります。特に断熱性能=実際の光熱費の程度は、等級3と等級4では大きな変化があります。


  性能表示制度ダイジェスト   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内