住まいの性能 基礎知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●性能表示制度ダイジェスト
はじめに
構造の安定性(耐震性)
火災時の安全性
光・視環境
劣化の低減(耐久性)
維持管理の配慮
温熱環境(省エネ性)
空気環境(シックハウス)
高齢者への配慮
音環境
防犯に関すること

●住宅性能と記号
○断熱系
C値 :相当すきま面積
K値 :熱貫流率
Q値 :熱損失係数
○防音系
L値 :床の遮音等級
T値 :サッシの遮音等級
D値 :壁などの遮音性能
○木材系
D1材:木材の耐久性区分
KD材:乾燥木材
○地盤系
N値 :地盤強度の指標
○シックハウス
Fc値:ホルムアルデヒド

●住まいの防犯対策
ドロボウの手口と侵入口
防犯対策の基本
それぞれの場所の防犯対策
ガラス知識・CPマーク

●住宅の防音と遮音
音とは
2世帯住宅と防音
外部からの防音と遮音
マンションの防音

●性能ミニ知識
長期優良住宅


 

 

 
劣化の低減(耐久性)

劣化の軽減とは

劣化の低減とは難しい表現ですが、簡単に言えば建物の耐久性、長持ち度です。
品確法では建物の耐久性を下のような3等級で区分しています。例えば、等級3では、「構造矩体が3世代(75〜90年)もつ程度の対策」という表現を使っていますし、等級2では、「構造矩体が2世代(50〜60年)もつ程度の対策」とも説明しています。ただ、この対策を全て行ったからといって現実に3世代90年近くも建物を持たせることは、この規定にない木材の材種や施工レベル、金物のサビなどの影響や完成後の定期的なメンテナンスの度合いによって変わってきますし、90年も何もせずに持つことはありえません。しかし、少なくとも基準法レベルの建物よりは建物の耐久性が高くなり、現在の最長のローン年数35年の寿命を全うできるような仕様となることは間違いありません。

        

■等級

等級3 普通の気象条件で、維持管理で3世代もつ
「構造矩体が3世代(75〜90年)もつ程度の対策」
等級2 普通の気象条件で、維持管理で2世代もつ
「構造矩体が2世代(50〜60年)もつ程度の対策」
等級1 建築基準法通り

標準仕様で等級2は当たり前。

現在の大手ハウスメーカーでは、最高レベルの等級3は当たり前。
一般的な建売、建築条件付の建物でも等級2が当たり前です。


サポートサービスの事例を見ても、外壁がサイディングである建物の過半は、等級3をクリアしています。
サイディングであれば、ほとんどコストアップ無しで最高等級の3をクリアすることも容易です。


モルタル外壁だけはコストアップ。

モルタル外壁の場合は、通気工法を採用すると割高となるため採用していない建物が大多数です。

そのため、劣化の低減の等級は2で抑えられている建物が多く、モルタル外壁の場合は外壁通気工法にするためのコストアップが必要です。
そのため、通気性のある防水シートを使う例も多くなっています。


2〜3世代も持つというのは、疑問。

50年から90年持たすために維持管理コストが必要。
別項の維持管理等級も高くすること。


この等級を3にしたから、建物は勝手に3世代持つと考えるのは早計。
屋根や外壁の経年劣化、サッシの寿命、設備の老朽化など、メンテナンスが必要なものが数多くあります。
そのため、維持管理の等級も高くし、メンテナンスのしやすい平面計画を考えておくことも大切です。

また、木材の樹種による耐久性の優劣や、多用される金物類のサビなどの影響は無視されています。それなりの改修コストを必ず考えておく必要があります。

  性能表示制度ダイジェスト   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内