住まいの性能 基礎知識住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●性能表示制度ダイジェスト
はじめに
構造の安定性(耐震性)
火災時の安全性
光・視環境
劣化の低減(耐久性)
維持管理の配慮
温熱環境(省エネ性)
空気環境(シックハウス)
高齢者への配慮
音環境
防犯に関すること

●住宅性能と記号
○断熱系
C値 :相当すきま面積
K値 :熱貫流率
Q値 :熱損失係数
○防音系
L値 :床の遮音等級
T値 :サッシの遮音等級
D値 :壁などの遮音性能
○木材系
D1材:木材の耐久性区分
KD材:乾燥木材
○地盤系
N値 :地盤強度の指標
○シックハウス
Fc値:ホルムアルデヒド

●住まいの防犯対策
ドロボウの手口と侵入口
防犯対策の基本
それぞれの場所の防犯対策
ガラス知識・CPマーク

●住宅の防音と遮音
音とは
2世帯住宅と防音
外部からの防音と遮音
マンションの防音

●性能ミニ知識
長期優良住宅

 
光・視環境

光・視環境とは

自分の建物が、どの程度太陽を取り入れ、あるいは視界がきくかの評価を行います。

■等級

この項の等級はありません。
窓に対する床面積の比率を計算するだけなので、実際には評価してもあまり意味のない項目です。

評価のための計算式

単純開口率 居室の窓の面積/居室の床面積X100(%)
方位別開口率 居室の各方位ごとの窓の面積/居室の窓の面積X100(%)
意味のない評価

建築基準法では、居室の床面積の1/7以上の窓が必要です。
まず、これをクリアしなければ、建物は建てられません。
一般的な温暖地域では、この数値の窓をもうければ明るさは十分です。
不必要に窓を広くとっても、冷暖房効率は落ちていきます。

窓の広さや開放感は、多分に個人的な嗜好の問題なので、この法律ては、あえて等級を付けなかったのでしょう。
しかし、役所としては光・環境という評価項目が欲しいために無理矢理作った計算式のようです。
無視して差し支えのない項目です。

  性能表示制度ダイジェスト   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内