住宅性能と記号住まいと法律・タイトル


インデックスページ・・

●性能表示制度ダイジェスト
はじめに
構造の安定性(耐震性)
火災時の安全性
光・視環境
劣化の低減(耐久性)
維持管理の配慮
温熱環境(省エネ性)
空気環境(シックハウス)
高齢者への配慮
音環境
防犯に関すること
(その他の制度)
長期優良住宅
ZEH(ゼッチ)住宅

●住宅性能と記号
○断熱系
K値 :熱貫流率
UA値:外皮平均熱貫流率
ηA値:冷房期の平均日射
     熱取得率

○断熱系(旧基準)
C値 :相当すきま面積
     (旧基準)

Q値 :熱損失係数
     (旧基準)

○防音系
L値 :床の遮音等級
T値 :サッシの遮音等級
D値 :壁などの遮音性能
○木材系
D1材:木材の耐久性区分
KD材:乾燥木材
○地盤系
N値 :地盤強度の指標
○シックハウス
Fc値:ホルムアルデヒド

●住まいの防犯対策
ドロボウの手口と侵入口
防犯対策の基本
それぞれの場所の防犯対策
ガラス知識・CPマーク

●住宅の防音と遮音
音とは
2世帯住宅と防音
外部からの防音と遮音


 

 

  

平成25年(2013年)の法改正で以前のQ値という基準から、UA値(外皮平均熱貫流率)という基準に変更されました。


外皮表面積とは、床面を含む断熱材に覆われた部分の表面積で、具体的には床下断熱や外壁、あるいは天井や屋根断熱の表面積を合計したものです。
これは従来のQ値で、吹き抜けや小屋裏収納など床面積に含まれない部分が多い建物ほど、正確なQ値にならないという制度設計上の不備を修正し、より実態に即した計算式になりました。

1.地域によって異なる要求
 
■地域の区分

 全国を8つのゾーンに分けて、それぞれの基準が設けられ、省エネルギーの建物を建てる場合の指針となっています。 。

   

  注:地図には含めていませんが、沖縄も入っています。
  注:図のように、都道府県単位では無く、市町村単位で細かく細分化されている。

■地域別の満たすべきUA値基準(上の欄)

 外皮とは、下の図のように、屋根(または天井)、外壁、サッシ、床(または基礎断熱)という住宅の部屋をぐるっと取り巻く断熱材で囲まれた『6面体』のことをいい、その平均の熱貫流率をUA値といいます。
 そして地域ごとに、最低限クリアすべきUA値の当たりが上の表です。

       

  住宅性能と記号   
住まいの水先案内人・エンドパネル