住宅性能と記号住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●性能表示制度ダイジェスト
はじめに
構造の安定性(耐震性)
火災時の安全性
光・視環境
劣化の低減(耐久性)
維持管理の配慮
温熱環境(省エネ性)
空気環境(シックハウス)
高齢者への配慮
音環境
防犯に関すること

●住宅性能と記号
○断熱系
C値 :相当すきま面積
K値 :熱貫流率
Q値 :熱損失係数
○防音系
L値 :床の遮音等級
T値 :サッシの遮音等級
D値 :壁などの遮音性能
○木材系
D1材:木材の耐久性区分
KD材:乾燥木材
○地盤系
N値 :地盤強度の指標
○シックハウス
Fc値:ホルムアルデヒド

●住まいの防犯対策
ドロボウの手口と侵入口
防犯対策の基本
それぞれの場所の防犯対策
ガラス知識・CPマーク

●住宅の防音と遮音
音とは
2世帯住宅と防音
外部からの防音と遮音
マンションの防音

●性能ミニ知識
長期優良住宅


 

 

 
住宅性能と記号−T値:サッシの遮音等級

サッシの遮音性能の目安

JIS規格で規定されたサッシの遮音性能(防音性能)を示す数値で、T1.T2.T3.T4の等級がある。
T4が一番遮音性能は高い。
1.等級の違い

. 等級無し
T1
T2
T3
T4
500Hz以上の遮音性能 15db程度
25db以上
30db以上
35db以上
40db以上

サッシ

普通サッシ 一般的断熱サッシ 召し合わせやクレセント部分の隙間を良くした製品 二重サッシにしないと出来ない
性能表示(音環境) 等級1 等級2
dbとは、デシベルのこと



市販されている住宅用の断熱サッシと言われているものは、T1程度の防音効果を持っています。
また、空港周辺の既存住宅の防音工事に使用する防音サッシもT1以上の製品が指定されています。
一重サッシの限界はT3まで、それ以上は二重サッシが必要となる。


.
2.断熱サッシは、防音サッシ
 サッシメーカーで提供されている住宅用断熱サッシは、それ自体がT1以上の遮音(防音)性能を持っています。そのため、最近では、防音サッシという表現は無くなっています。
 また、住宅用の断熱サッシは、ほとんどがT1程度のレベルであり、T2やT3のレベルの防音サッシを使う場合は、ビル用サッシを使わざるを得なくなります。
 反対に、断熱サッシの性能は、各メーカーとも2段階程度の製品を提供しているため、防音性能を目安とするよりもサッシの断熱性能を検討した方がいいとも言えます。
. 地域
遮音性能
熱貫流率
断熱サッシ 一般地域用

T1

3.0程度
高性能断熱サッシ 寒冷地用
T1
2.0程度
もちろん、断熱性は、数字が小さいほど高い。

.

  住宅性能と記号   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内