住宅性能と記号住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●性能表示制度ダイジェスト
はじめに
構造の安定性(耐震性)
火災時の安全性
光・視環境
劣化の低減(耐久性)
維持管理の配慮
温熱環境(省エネ性)
空気環境(シックハウス)
高齢者への配慮
音環境
防犯に関すること

●住宅性能と記号
○断熱系
C値 :相当すきま面積
K値 :熱貫流率
Q値 :熱損失係数
○防音系
L値 :床の遮音等級
T値 :サッシの遮音等級
D値 :壁などの遮音性能
○木材系
D1材:木材の耐久性区分
KD材:乾燥木材
○地盤系
N値 :地盤強度の指標
○シックハウス
Fc値:ホルムアルデヒド

●住まいの防犯対策
ドロボウの手口と侵入口
防犯対策の基本
それぞれの場所の防犯対策
ガラス知識・CPマーク

●住宅の防音と遮音
音とは
2世帯住宅と防音
外部からの防音と遮音
マンションの防音

●性能ミニ知識
長期優良住宅


 

 

 
住宅性能と記号−Q値:熱損失係数

室内外の温度差1℃のとき、住まい全体から1時間に床面積1m2当たりに逃げていく熱量を指す。
数字が小さいほど高断熱

屋根、天井、外壁、窓、床、換気などから逃げていく熱の量を延床面積で割ったもの。逃げていく熱量は、熱貫流率K値を、それぞれの部位で計算することになる。

1.地域によって異なる要求
 この数値は、次世代省エネルギーの仕様で建物を建てる場合の指針となっています。
■地域の区分

注意:図のように、都道府県はひとつの目安で、実際には市町村レベルで細かく細分化されている。

■地域別のQ値
地域
T地域
U地域
V地域
W地域
X地域
Y地域
Q値
1.6
1.9
2.4
2.7
2.7
3.7

2.Q値だけに依存しない事
 温暖地域では、単にQ値や高い断熱性能だけに目を奪われるのではなく、開口部の断熱化を考えておく必要があります。冬の48%、夏の71%もの熱がサッシなどの窓から失われています。
当社は、Q値○○です。と誇らしげに話をするハウスメーカーも、それは数値だけのお話。本当に快適に過ごすためには、庇を設けたり、カーテンやブラインドの遮蔽、あるいは単なるペアガラスだけでなく、断熱材の充填されたサッシなど、細かな配慮が必要です。
もし、当社は、高性能断熱サッシを使っていますから、庇など不要です。という営業マンがいれば、 日向と日影の涼しさを体感できない、悲しい、鈍な営業マンと思いましょ。。


  住宅性能と記号   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内