住まいの見積と図面住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
予算提示はすべきか?
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック


 

 

 
予算提示はすべきか?

 注文住宅では予算を住宅会社に言う場合があります。

 それ自身はなんら問題のない行為ですが、往々にして、言っていた予算から、提出された見積もりがオーバーしていることがよくあります。
 そういうときは、『2000万円までに〜、と予算を伝えていたのに、2300万円もかかっている。我が家の予算を考えてよ〜』・・と言いたくなりますね。

 

オーバーしている原因は、一つには、もともとその想定していた予算が無理だったという「建築主側の読みの甘さ」が原因の場合もあります。そういう場合は仕方ないのでおいといて。。。

普通の業者は、予算を聞いたから、「ぼったくってやろう」と考えてはいませんが、ここに業者という立場があります。

■相手の立場を理解しておこう!
08-0516.jpg 見積もりをする人は、あなたから給与をもらっているのではなく、その会社から給与をもらっています。予算は聞いているけど、その予算で、かつ、希望を叶えようとすると自分たちの利益を圧縮しなければならない・・としたら、そんな事は立場的に考えませんね。(競合がいて、値引き交渉の段階になれば別ですが。)

 つまり、顧客の顔を立て、顧客の予算と希望を優先させ、かつ、自社の適切な利益を確保するという相反する命題を住宅会社の担当者は抱えるのです。
 顧客の予算と希望を優先させ、自社の利益を減らす選択はありません。
 言い換えれば、顧客と住宅会社は、「良い家を建てましょう」という抽象的な共通項は一致していても、各論となる現実の金銭の感覚は全く逆なのです。

 予算提示をする際には、こと金銭において、あなたと相手の立場は正反対であることをまず、理解しておく必要があります。

■予算提示は談合と似ている
 上のような表題を書けば奇異に感じると思いますが、予算提示は、談合と同じように提出される見積上限を設定したことになります。

 ところが・・
 談合では、工事の予算が内緒で提示されます。そして、入札では計ったように、予算額の98%前後で落札されます。まるで茶番ですが、せっかく予算があるんだから、予算を目一杯使おうよ。ということですね。役所も予算内であれば自分の腹も痛みませんし・・・
これは予算があることの、ある意味での弊害です。

実は、似たような心理を住宅会社が持つことがあります。

■予算オーバーしても住宅ローンを増やせば良いさ!

 それは、一番上の例のように、注文住宅が契約までに至る過程の多くは、当初予算からオーバーしたが、ある程度希望を叶えるために多くの人は、最初の予算からオーバーしても、追加支出をして希望を叶える方に動く・・という経験則を住宅会社は持っているのです。

 こういった例を幾度も経験していると、『予算、予算と言ったって、多少はオーバーしても住宅ローンなどを何とか工面して、ある程度オーバーした金額で決めるでしょう』
・・と読みを張ってきます。

 そして、聞いていた予算なんて関係なく、『いや〜。やっぱりこれくらいかかってしまいますね。夢を叶えましょう』『一生に一度だから』攻勢をかけられる羽目になるのです。
 事実、私が知る話で、予算を提示して、予算通りの見積が上がってきた・・なんて話はほとんど聞いたことがありません。

 もちろん、建築主側の予算の見通し甘さもあるでしょうが、最初の予算からオーバーしがちなのは住宅の常。その追加予算は、建築主がどうにかしている。。という経験則は住宅会社ならみんな持っている事なのです、

 つまり、最初の例のように、予算を言われても住宅会社にとっては、あまり関係のないことなのです。出来ないモノは出来ない・・とね。


 そして、
 予算提示をするなら、
目一杯の予算は提示しない。。。。
 悪い意味では深慮遠謀。
良い言葉では配慮。
もう一言付け加えれば『駆け引き』
というものも必要かも知れませんよ。。

       見積ミニ知識         
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内
d@)4: