住まいの見積と図面住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
予算提示はすべきか?
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック


 

 

 

 さて、前ページでは、「見積書は誰も分からない」。その中身を知っているのは見積もりを依頼した建築主だけだ。と言う話をしましたが、実際にいろいろな会社から見積もりをとると、概ね次のような見積書が出て来る場合が多いのです。


(注:金額は、例示として書いているだけです)

 たとえば4社に見積もりをとると、ピンクがその中でも高い値段を出した会社。黄色がその中で安い値段を出した会社とします。

 こうすると、一番安い工事価格を提示したB社は基礎工事は安いですが、他の工事費は平均的なものです。
 D社は、いろいろな工事で安いのですが、トータルでは二番目です。
 一番値引率の高いC社では、値引率が高くても、各工事費が高いので安くはなっていません。

 民間の建物を設計事務所が設計し監理する場合は、このように数社の建築会社にな競争入札的な見積もりをとる場合が多いですが、多くは、このような、実に絶妙のバランスで見積書が届きます。

 このようなことは、こういう入札を多く経験しないと分からないことなのですが、結局、単価や各工事費の安さを見比べても、実は全く意味が無く、各社各様に他者より安い工事部門、安くならない工事部門などを均等に持っているのです。

 かといって、各社が相手の見積書の強い部門、弱い部門を知っているわけではないのですが、まるでトランプのポーカーのように、依頼者たる建築主の感触をつかみ、競合相手の雰囲気を感じ取り、『このぐらいなら、机の上に残るかな・・・』という値決めをしながら見積書を書いているのですよ。

 言い換えれば、あなたという相手に対して、その顔色を見ながら、あるいは、まわりにいる競争相手の顔色を見ながら、さて、次はどの手のカードを切ろうかな・・と考えているポーカーゲームと同じようなものなのです。

 そして、フルハウスで勝てるかな、ダメかな・・と考えているのが、最後の値引きの率を考えている部分なのかも知れませんよ。

 価格で勝負といいつつ、誰もが適正価格を持ち得ない、知り得ない建築工事では、実は心理戦が半分を占めているのかもしれませんね。

 この続き「値引きのツボ」で見てみましょう。



我が社の見積書。
机の上に残ってよ!?

  見積ミニ知識    
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内
d@)4: