住まいの見積と図面住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
予算提示はすべきか?
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック


 

 

 

 注文住宅と異なり、建築条件付きの場合は、ほとんどが建物の坪数と価格が最初に提示されています。
 簡単な間取りと共に30坪の建物で、建物の価格が1800万円だ、といった事が分かるために、工事費の目安はたてやすいですね。

 そのため、建築条件付きの建物では、仕上げ材や住設がどのような物か、といった事を確認することと、後は標準で付いていない追加工事やオプションの見積書を見るぐらいしかありません。

 床暖房を追加した。コンセントを追加した。浴室をミスト付きユニットバスに変えた・・といった変更など、追加されたり、変更された見積書を見ることになります。

■価格の主導権は相手側が持っている
 しかし、建築条件付きの建物では、建物全体の価格の目安がつけやすい、というメリットがあるものの価格の主導権は売り主が持っています。

 床暖房を追加しても、「50万円です」と言われて高いと感じても、高いと言うべき根拠などありません。「我が社がつくれば50万円なのです」と言われれば返す言葉がありませんね。

 結局建築条件付きの見積もりでは、追加するにせよ、変更するにせよ、各工務店から見積もりを取って安いところに決めることなど出来ず、売り主の提示した金額を飲むか飲まないか・・という選択ししか無いのです。(気持ちだけの値引きはあるでしょうが・・)

 そういう点では、良心的な会社では追加変更工事の見積も良心的な価格でしょうが、少し商売っ毛が先走る会社では、追加工事の見積もりは高い物になるでしょうね。

■限定された仕様を活かせ
 また、注文住宅と異なり、ある工法、ある仕様に限定していることと、同業の競争相手がいるために、比較的低価格で建物本体を提供しています。
 そのために、注文住宅のように、あれもしたい、これも入れたい・・といった形で数百万円も追加をするような事をすると、結果として非常に割高な建物になってしまう場合が多いです。

 建築条件付きの建物では、相手が提示している範囲で選択すると安く押さえられ、それ以外に相手がほとんど取り扱ったことのない材料や仕様、工法を指定すると、びっくりするほど高くなる場合があります。

 そういう意味では、結局、追加や変更を余りしない方が、価格という点では賢明な買い物になる場合が多いのが建築条件付きの建物です。

    


建築条件付きの価格は、売り手が主導
 無用な変更はコストアップ

    住宅価格の裏側   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内
d@)4: